レース攻略|久喜マラソン2019:ハーフ 1時間26分49秒

埼玉県

2019年3月24日に埼玉県久喜市で開催された「久喜マラソン大会」を走ってきた。種目はハーフマラソンの部。

購入ガイド

アシックス メタライド」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

大会の魅力

「久喜マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年3月に埼玉県久喜市で開催
  • 種目はハーフマラソン
  • エントリーは11月から先着順にて受付
  • 会場は久喜市総合運動公園

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県久喜市で開催

久喜市は埼玉県の東部に位置する。

川内優輝さんのコスプレ

毎年、川内優輝さんがコスプレで参加することで有名。今年は忍者でハーフマラソンを完走。

沿道の応援

とにかく沿道の応援が素晴らしかった。駅前や商店街、住宅街は沿道が人で埋め尽くされ、バンドの生演奏や踊りの演技も素敵だった。以下は久喜駅前のライブパフォーマンスの様子。

ランナーへの気配り

給水ポイントでは、「500m先に給水ポイントがあります」と事前告知をしてくれたり、飲み干したカップを捨てやすいようにネット(網)が張ってあったり。ほんのちょっとしたことだが、こういう気配りはランナーにとって嬉しい。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動のため、レース当日に自宅から会場へ向かった。

最寄駅は久喜駅。JR宇都宮線と東部伊勢崎線が停車するので、首都圏からのアクセスは良好。

スタートライン

「久喜マラソン」のスタート・ゴールの会場は久喜市総合運動公園にある。

久喜駅からは2kmほど離れており、レース当日は駅前から大会専用の無料シャトルバスが運行している。

荷物の預け入れは「佐川急便」が担当。お馴染みの宅配便の伝票に住所、名前、電話番号を書いて荷物を預ける。しかし有料で800円も取られる。

貴重品はないので、荷物は屋内アリーナの座席に置いてきた。こちらは無料。

スタート前

スタート30分前になると、アリーナを後にして、運動場でウォームアップを始める。

スタート10分前にスタートブロックへ移動。僕は自己申告タイム1時間20分〜1時間30分のブロックで待機した。

コース攻略

のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは久喜市総合運動公園
  • コースは概ねフラットだが、12km地点の地下トンネルと19km地点の陸橋でアップダウン
  • 市街地では片側一車線の道路の片側を走行するため、12km地点までは混雑する

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

スタート〜10km

目の前に4:15/kmのペーサーがいたので、最初の3kmはペーサーの集団に付いていくことにした。ところが、コースは片側一車線の細い道路。集団で走るにはやや窮屈だったので、3km地点でペースアップして集団を追い越した。

4km地点。しばらく住宅街を走る。

鷺宮の商店街を駆け抜けていく。

鷺宮神社でUターン。ここからしばらく来た道を戻る。

10km〜ゴール

12km地点で地下トンネルに入る。ずっとフラットなコースだったので、ちょっとしたアップダウンでも息が切れる。

14kmの折り返し地点。

14km〜16kmは、東北新幹線の下を走る。ちょうど日陰で体感温度がグッと下がって助かる。

久喜駅東口はものすごい人だかりだった。

18km〜19kmは向かい風が強くて心が折れそうだった…。しかも最後は陸橋が待ち受けている…。ここは本当に辛かった。

ラスト2kmは気合いでなんとか走り切れた。

ゴールの後で

「久喜マラソン」の完走タイムは、ネットで1時間26分49秒、グロスで1時間26分59秒だった。自己ベストから程遠いが、目標ペースはクリアできたので良しとする。

本日の戦利品

ボディーメンテと記録証。他に、参加賞のタオルもいただいた。

ご当地グルメ

本日のご褒美グルメは、久喜駅西口にある「ぎょうざの満州」のチャーシュー麺セット。疲れたカラダに、しょっぱいスープが身に沁みる。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

アシックス メタライド」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#埼玉県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。