レース攻略|熊谷さくらマラソン2018:ハーフ 1時間25分41秒

2018年3月18日に埼玉県熊谷市で開催された「熊谷さくらマラソン」を走ってきた。種目はハーフマラソン。

購入ガイド

On Cloudflash」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

大会の魅力

「熊谷さくらマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年3月に埼玉県熊谷市で開催
  • 種目は30km・10km・3km・ウォーク(30km・10km)
  • エントリーは4月から先着順にて受付
  • 会場は釧路市民陸上競技場
  • コースは新釧路川〜釧路湿原道路を往復

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県熊谷市で開催

熊谷市は埼玉県の北部、群馬県との県境に位置する。そのため「ほぼ群馬」と揶揄されることがある。

「熊谷桜堤」の花見ラン

熊谷は「日本一暑い」街として知られるが、地元では江戸時代から桜の名所としても知られている。

中でも有名なのが、熊谷駅南口から徒歩5分の「熊谷桜堤」。日本さくら名所100選にも選定されている。

「熊谷さくらマラソン」では熊谷桜堤沿いの道路を走るが、今回のように開花時期が合わないとただの並木通りだ。 参考までに以下は昨年花見に来た時の様子。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動のため、レース当日に現地入りした。

大宮駅から熊谷駅までは新幹線を利用した。乗車時間はわずか12分間。在来線(高崎線)だと1時間弱かかる。

熊谷駅からは、秩父鉄道に乗ること約10分。乗客の8割がランナー、残りが登山客だった。ランナーは改札でナンバーカードを見せれば無料で乗車できる。会場最寄駅の「ひろせ野鳥の森駅」で下車。

スタートライン

熊谷さくらマラソンの会場は、熊谷さくら運動公園陸上競技場に設置される。最寄駅の「ひろせ野鳥の森駅」から歩いて15分ほど。

駅からは大勢のランナーが同じ方向を目指すので、道に迷う心配はない。

ナンバーカードと計測チップは事前送付されるが、参加記念 Tシャツは現地で受け取る。

花見を楽しむには時期尚早だった。こちらは唯一「桜」を感じられた場所。

道を挟んで屋外プールの建物が臨時の更衣所として開放されている。

その隣の弓道場が荷物預り所。荷札にゼッケン番号を自分で記入し、窓口で預けるスタイル。

籠原駅〜会場間のバス乗り場。帰りはこちらを利用した。

ハーフマラソンは 9時12分スタート。なぜ 12分なのかは分からないが、15分前からスタートブロックに整列できる。目標タイムごとに区分けされ、先頭から1時間20分以内、1時間20分〜1時間30分、1時間30分〜と続く。

コース攻略

のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは熊谷さくら運動公園陸上競技場
  • 桜の名所「熊谷桜堤」、熊谷駅、籠原駅をめぐるコース
  • 6kmと9kmあたりの地下道以外は基本的にフラット

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

今回は1時間半切りを達成するために、前半は4:20/km、後半は4:00/kmで攻めるプランを立てた。

最初の1kmは周りのペースにのまれて4:07/km。息が乱れていなかったので「もしかしたらこのペースで行けるかも」と思い、4:10/kmのペースをキープした。ここで思い切って挑戦したのが良い結果につながった。

6kmあたりで地下道のアップダウンを通過。10kmまでは苦しまずに走れた。

10kmあたりで呼吸が苦しくなるが、前の集団に張り付いていくことにした。ちょっとでも気をぬくと置いていかれそうになる。

12kmあたりで身体がスッと軽くなった。先ほどまでの苦しみがウソみたい。張り付いていた集団を追い越してペースアップを図る。

その後は苦しくなる→楽になるの繰り返し。苦しくなると目の前のランナーに必死で張り付き、楽になると追い抜いてさらに前のランナーに張り付く。そんなことを繰り返しながら、19kmまで4:00/kmを切るペースを維持した。

17km以降は田園風景が続く。

ラスト2kmはばててしまい、後続ランナーにどんどん抜かれていく。気持ちは前に進みたくても、脚が動かなかった。

ゴールの後で

「熊谷さくらマラソン」の完走タイムは、ネットで1時間25分41秒、グロスで1時間25分51秒だった。

ラスト2kmはダレてしまったが、目標だった1時間半切りを達成するだけなく、自己ベストを7分近く短縮できたので、自分としては上出来。

本日の戦利品

ポカリスエット。

完走証は即時発行。

レースは参加記念Tシャツを着て走った。

戦後処理

自己ベスト更新の代償として、レース後のダメージは相当なものだった。

午後は何もせずにボケーッと過ごしていました。1日経った今日も疲れが抜けず、仕事で集中力を維持するのが大変だった。フルマラソンでもこれほどの疲労感は体験したことがない。

フルを2時間10分台で走る同僚(元プロランナー)にこのことを話したら「レースで自分を追い込めた証拠だよ」と言われました。「川内優輝を見てごらん、いつもレース直後にぶっ倒れるでしょ。あれは全力を出し切っている証拠だよ。」

納得。確かに今回は追い込む走りができたと思う。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

On Cloudflash」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

2017年4月に発売されたCloudflash(クラウドフラッシュ)はOnの最速級マラソンシューズ。着地の衝撃を推進力に変換する特許技術「CloudTec」を継承しつつ、軽量性とホールド性を極めたモデル。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloudflash」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。