徹底解説|マラソンランナーあるある20選

マラソンをやっていると、ランナーではない人と話が噛み合わないことが多々ある。今回はマラソンブロガーの僕が「マラソンランナーあるある20選」を紹介する。

目次と内容

【1】走る理由は、走りたいから

マラソンランナーにとって走ることは「手段」ではなく「目的」であることが多い。ダイエットやストレス解消のためではなく、シンプルに走りたいから走る。

  • 走らない人「趣味は?」
  • 自分「ランニング」
  • 走らない人「なぜ走っているの?」
  • 自分「走りたいから」
  • 走らない人「……?」

こういう会話はよくある。

【2】たまに自分でも走る理由が分からなくなる

それでも年に数回は、自分でも「あれ、なんで走ってるんだっけ?」と考えてしまうことがある。

マラソンランナーが走る意味を見失う時は、スランプに陥っている可能性が高い。大抵の場合、走りすぎて疲れが溜まっているのが原因だ。

そんな時はしばらくランニングを休むことも大事。

【3】距離(〇〇km)がイメージしやすい

マラソンランナーは日頃から距離を意識しているので「〇〇km」と聞くと、その距離感がイメージしやすい。例えば「駅から2km」と聞くと「走って10分くらいだな」とイメージが湧く。

また運転中に距離表示を見かけると無条件に反応してしまう。例えば「東京まで50km」を見ると「4時間もあれば走れるかな」と勝手に想像してしまう。

【4】他のランナーのペースが気になる

街中でランナーに遭遇すると、その人が走っているペースを推測したくなる。「A地点からB地点まで10mくらい、5秒かかったのでペースは…」みたいに。どっちが速いとかではなく、純粋に気になってしまうのだ。

【5】ランニング時計はオーバスペック気味

今やマラソンランナーの必需品とも言えるランニングウォッチ。距離と時間と心拍数さえ正確に計測できれば充分なのに、高機能・多機能モデルに惹かれてしまう。

電子マネーや地図ナビゲーション、音楽ストリーミングなどが使えると便利と思いつつ、結局は一度しか使わない。そもそも、それってスマホで良くない?

【6】「ビジネスアスリート」という言葉に憧れる

仕事もスポーツもデキる人を「ビジネスアスリート」と呼ぶらしい。最近ガーミンのCMでよく見かける言葉だが、マラソンランナーの心理を良く理解しているなと感心する。

最近のランニング時計はスマートウォッチとしての機能もあり、ビジネスシーンでも良く目にするようになった。仕事相手がランニング時計をしていると無条件に親近感が湧く。

【7】GPSの調子が悪いと、走りの調子も悪い

ランニング時計ネタをもうひとつ。GPSウォッチを起動して十数秒待つとGPSの捕捉が完了するが、これが完了しないと距離計測がメチャクチャになる。

たまに補足が上手くいかない時があり、そんな時はテンションが駄々下がる。そしてなぜか走りの調子も悪い。

【8】出張にランニングシューズを持っていく

マラソンランナーにとって、出張は非日常的なランを楽しむチャンス。荷物にランニングシューズとウェアを忍ばせ、仕事の合間に走りに出かける。

ランニングシューズが収納できるリュックサックがあると出張先で走るハードルがグッと下がるのでおすすめだ。

【9】マラソン遠征に行くと家の中で肩身が狭い

ここ数年、マラソン遠征に出かけることが多くなった。泊りがけの遠征だと年に10回ぐらい。妻や娘たちからは「パパだけずるい」「パパはいいよね〜」と言われ続けている。

一応、家族には気を使っており、現地での滞在時間は必要最小限にして、宿泊する宿は最安クラスを選ぶようにしている。

【10】たまには家族も連れていく

とはいえ、自分だけ旅行するのは申し訳ないという気持ちがどこかにあり、年に数回は一緒に家族を連れていく。

例えば「北海道マラソン」では、僕が走っている間に札幌観光が楽しめたようで家族には好評だった。一方で、観光地ではない所だと暇を持て余してしまい不評だった。

【11】やっぱり、家族旅行とは別がいい

一番の理由は、家族とゆっくり過ごせないこと。レース前夜は早めの就寝で落ち着かないし、レース当日は一緒に朝ご飯を食べれない。

せっかくいい宿に泊まっても旅先での滞在を満喫できないのも理由のひとつ。結論として、家族旅行はいい宿でゆっくり過ごし、ひとり旅のマラソン遠征はチープな宿で素泊まりするのがベスト。

【12】夏はマラソンTシャツだけで過ごせる

マラソン大会の参加賞のといえばTシャツが定番。ランニング用の半袖シャツとしてはもちろん、普段着やパジャマとしても使いまわせる。

夏はマラソンTシャツだけで着回せてしまうので、ここ数年は夏服を買った記憶がない。

【13】スポーツタオルが多すぎる

スポーツタオルも参加賞で貰うことが多い。フェイスタオルより小さいものやバスタオルよりも大きいものなど、普段使いするには中途半端なサイズが多い。

我が家では、バスルームのタオル収納に押し込まれたまま。でも、夏になると娘たちのプールタオルとして出番が回ってくる。

【14】メダルの保管場所に困る

メジャーな大会に参加すると、完走メダルがもらえる。開催地の特色を生かしたメダルも多く、例えば北海道網走市で開催される「オホーツク網走マラソン」では木彫りの完走メダルがもらえる。

貰った時は嬉しいのだが、その後の保管場所に困る。壁に掛けて飾るほどのものではないし、本棚に置いておくとホコリまみれになるし…。結局、箱詰めにしてクローゼットの奥に保管している。

【15】エントリー時が最もやる気に満ち溢れている

マラソン大会にエントリーする時は、気持ちが高揚していて、何十km、何百kmでも走れるような気がする。

真夏のフルマラソンとか、2週連続でハーフマラソンとか、エントリーする時は「いける!大丈夫!」と思えるから不思議だ。

【16】大会間近になると「やっぱり無理かも」と弱気になる

ところが、レースが近づくと「真夏になんでフルマラソン?」「2週連続でハーフなんて無理でしょ」とだんだん弱気になってくる。

とにかくエントリーする時は無茶振りしないことが重要。と言いつつ、毎年同じ過ちを繰り返す自分がいる。

【17】記録を気にしすぎると楽しめない

マラソン大会に出るからには、自分が納得いく記録でフィニッシュしたい。でも、記録を意識し過ぎるとそれがプレッシャーになり、レースが楽しめなくなる。

特に自己ベストを狙う「本命レース」では、レース前の数日間は憂鬱で、レース当日の朝は気持ちがどん底になることが多い。

【18】「たかがマラソン」と思うと楽しめる

そんな時は「たかがマラソン」と考えれば良い。調子が良くなければ練習に切り替えればいいし、普段とは違う景色やエイドステーションのご当地グルメを楽しみながら走れば良い。

「今日は調子がイマイチだから気楽に走ろう」と思ったレースに限って、自己ベストを更新できたりもする。とにかく気持ちを楽にして、楽しむことが大切だ。

【19】レース後半、エントリーしたことを後悔する

とはいえ、マラソンは苦しい。フルマラソンの場合は、いわゆる「30kmの壁」のようにレース後半から終盤にかけて苦しくなる。

そんな時は「なんで週末にわざわざ大金使って、こんなところで苦しんでいるんだろう……」と自分に怒りをぶつけてしまう。

自分史上最も過酷だった「オホーツク網走マラソン2017」では、32km地点を過ぎたあたりで脚が動かなくなり、残り10kmは歩く・走るの繰り返しだった。

【20】でも完走すると「また走りたい!」と思う

苦しみが大きければ、そのあとの喜びも大きい。以下は「オホーツク網走マラソン2017」のゴール会場の様子。100万本のひまわり畑の中を走っていると、ボロボロだった身体がフワっと軽くなり、フィニッシュラインに吸い込まれて行った。

結局、完走の喜びがすべてを解決する。これだからマラソンはやめられないのだ。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

Garmin(ガーミン)とApple Watch(アップルウォッチ)、ランニングで使うならどっち?という疑問についてお答えします。ランニングウォッチといえばやっぱりGarminが有名……でもiPhoneユーザならApple Watchも気になりますよね。ちなみに「とも」は2014年からGarminひと筋でしたが、今はGarminの「Forerunner 255S」とApple Watchの「Series 7」の2台持ち。その理由も含めて分かりやすく解説しますね。

2022年6月に発売されたガーミンの新しいランニング時計「Forerunner 255S」を紹介する。なぜハイエンドモデルの「955」ではなく、通常サイズの「255」でもなく、コンパクトサイズの「255S」を選んだのかも併せて解説したい。

ガーミン Forerunner 255」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2021年10月に発売された「Apple Watch Series 7」はランニングウォッチとしても優秀。距離・時間・ペース・心拍数など基本的な情報を記録でき、ガーミン上位機種とも精度の面で遜色ない。

Apple Watch Series 7」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。