レース攻略|両神山麓トレイルラン2019:20.7km 3時間30分50秒

埼玉県

2019年6月23日に埼玉県秩父郡で開催された「日本百名山・両神山麓トレイルラン」を走ってきた。種目は20.7kmトレイルラン。

購入ガイド

On Cloudventure Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

大会の魅力

「両神山麓トレイルラン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年6月に埼玉県秩父郡小鹿野町(おがのまち)で開催
  • 主催はスポーツエイド・ジャパン
  • 種目は5kmトレラン&ウォーク・11.1kmトレラン・20.7kmトレラン
  • コースは両神山(標高1723m)山麓の登山道

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

秩父で開催

「埼玉県の秘境」と評される秩父。秩父駅からさらに20kmほどの山奥にレースの舞台となる「両神山」がある。一応、ギリギリ首都圏ではあるので、東京方面からのアクセスは悪くない。

トレイルラン

トレイルラン(trail run)とは、山道など未舗装の道を走るランニングのこと。「両神山麓トレイルラン」では、両神山(標高1723m)の山麓の登山道を走る。

20.7kmトレイルランの部では、登山道の上りで獲得した標高の合計を表す累積標高は1528m。わかりやすく言うと、東京タワー(高さ333m)のてっぺんまでの往復を5回繰り返すようなもの。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動のため、日帰りで参加してきた。

最寄駅の西武秩父線・西武秩父駅からはバス・車で約30分。レース当日は、西武秩父駅〜会場区間を大会専用バスが運行する。

今回僕は、さいたま市の自宅から車で向かった。関越道・花園ICから皆野寄居バイパスを経由して秩父郡小鹿野町まで約2時間。現地には無料の駐車場があり、スペースに余裕もあった。

スタートライン

「両神山麓トレイルラン」の会場は、国民宿舎両神荘の芝生広場。スタート・ゴールはそこから200mほど離れた場所にある両神神社付近にある。

ナンバーカードと計測チップは事前郵送のため、当日の受付はない。ただし、レースの前に参加賞の引き換えを忘れずに。

更衣室・荷物置き場は、芝生広場の一角にある体育館を利用する。貴重品の預かりもあるので安心。

スタート1時間前から、芝生広場で開会式が行われる。

スタート地点

開会式の後、会場からスタート地点へ移動する。

両神神社の横にあるスタート地点で整列。

コース攻略

のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは、会場から200mほど離れた場所にある両神神社
  • 最初の2kmは舗装された公園管理道路を走る
  • 20.7kmトレイルランでは登山道を周回
  • 「両神神社奥社」がコース上で最も標高が高い

以下は、大会パンフレットに記載されていたコースマップと高低図。

登山道

一旦登山道に入ると、人がひとり通れるくらいの道幅しかない。

コース最高地点の「両神神社奥社」付近は傾斜が最もきつくなる。

こちらが「両神神社奥社」。ここから先は、いつ転んでもおかしくない急な下り坂。

フラットで走りやすい場所はほとんどない。

周回の2周目以降は、1周遅れのランナーを追い抜いたり、逆に追い越されたり。譲り合いの精神が大切。

5kmごとに距離表示がある。ロードレースに比べると、1kmがとてつもなく長く感じる。

花しょうぶ園

この時期は、ちょうど菖蒲の花が見頃。ここでチップ計測を行い、周回コースの何週目かをチェックする。スタッフの方が計測器をチェックしながら「〇周目です」と教えてくれるので安心。最後は進行方向の左の方へ誘導され、ゴールへ一直線。

充実のエイドステーション

コース上、二箇所に設置されたエイドステーションには救われた。

ドリンクは、水やスポーツドリンクのほか、キンキンに冷えたフルーツジュースやコーラなど。フードは、スイカやオレンジなどフルーツ類、漬物、梅干し、ミニおにぎり、お団子など。ちょっとしたバイキング気分が味わえる。

ゴールの後で

「両神山麓トレイルラン」の20.7kmトレイルランニングの完走タイムは3時間30分50秒だった。

ほぼハーフマラソンと同じ距離なのに、ロードレースの倍近くの時間がかかった。コース上はフラットな場所がほとんどなく、上りは歩いて、下りは転倒しないように恐る恐る走るという感じ。後半は足が攣ってしまい、所どころで休憩しながら何とかゴールした。

本日の戦利品

レース前にいただいた参加賞は以下のとおり。これだけで2000円分ぐらいの価値があるのでは…。

  • こんにゃく
  • しゃくし菜漬
  • 温泉割引券
  • 食事券500円分

レースの後の完走賞は、以下のとおり。記録証の即時発行は嬉しい。

  • 記録証
  • ミネラルウォーター500ml

ご当地グルメ

食事券は、焼き鳥2本と焼きそばに引き換えた。

シューズ・装備類

今回のレースではOnの防水トレランシューズ「Cloudventure Waterproof」を着用。

今回は距離がそれほど長くなく、エイドステーションも充実していたので、バックパックは使わなかった。代わりに収納力に優れたパタゴニアの「Strider Pro Shorts」を履き、持ち物をウエストポケットにすべて収納。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

On Cloudventure Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

Cloudventure Waterproof(クラウドベンチャー ウォータープルーフ)は、Onの防水仕様のトレイルランニングシューズ。堅牢なのに軽量、どんな状況でも高い安定性を保つグリップ、そして全方位からの水の侵入を防ぐ防水性能。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloudventure Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

パタゴニアのハーフパンツ「ストライダープロ ショーツ」を紹介します。ランニング短パンのひとつの完成形であり、ハーフ・フルマラソンでレースで愛用しています。ウエストポーチ並みの収納力を持ち、これだけでトレランの20kmレースを完走したことがあります。

パタゴニア ストライダー プロ ショーツ」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#埼玉県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。