さいたま国際マラソン【ブログレポート】年々進化するマラソン大会

更新:

さいたま国際マラソン【ブログレポート】年々進化するマラソン大会

先ほど「さいたま国際マラソン2016」を無事に完走しました。まだ2時間しか経っていませんが、走行中に感じたことを忘れないうちにホヤホヤの感想レポートをまとめました。

スタート時のコンディション

9時の時点で天気は晴れ、気温は11℃。半袖で日陰にいると肌寒いですが、耐えられない寒さではありません。
大会会場のさいたまスーパーアリーナは、自宅から3キロほどの距離なので走れなくはないですが、エネルギーを温存するために電車で向かいました。JRさいたま新都心駅の改札口を出ると、すでに混雑しています。
xxxx

人の流れに沿って、さいたまスーパーアリーナを目指します。
xxxx

さいたまスーパーアリーナ付近に「埼玉マラソングランドスラム」のブースを発見。埼玉県公式マスコットの「コバトン」と埼玉県庁公務員ランナーの川内優輝さんと記念撮影!
xxxx

さいたまスーパーアリーナの中は、荷物預け場所となっていました。スタートのブロックによって分かれています。S/A/B/C/G以外は、メインホールで荷物を預けます。中央には給水スタンドがあり、紙コップのお水がもらえました。
スタートブロックがS/A/B/C/Gのランナーは、メインホール横のサブホールで荷物を預けます。スタートまで1時間もあるので、トイレで用を済ませ、40分前にスタートブロックへ向かいました。
xxxx

今回はBブロックからのスタートです。ちょうど日陰になっていて寒いです。スタート30分前にエリートの部がスタートを切りました。
xxxx

するとスタートラインに近づくことができました。が、ちょうど歩道橋の下で寒いのなんのって。あと30メートルほど前に行けば日が差しているのに…。もっと前から並んでおけばよかったです(後でもっと後悔することになります…)。
xxxx

スタート~ハーフ地点

午前9時40分に定刻通りスタート。IAAFシルバー・ラベルのロードレースだからなのか「ヨーイドン」の「ヨーイ」が「On Your Marks」と英語でした。
スタートラインまでそう遠くないと思いましたが、結局2分もかかってしまいました。
xxxx

最初の500メートルは混雑していましたが、それからは普通に走れました。キロ5分5秒を目標にして焦らず走ります。2キロ付近で吉敷町のガードレイル下を走ります。初めてのアップダウンでしたが、余裕で通り過ぎました。
その後、旧中山道を走り、さいたま新都心駅~与野駅~北浦和駅を通過していきます。途中、家族が応援してくれました。自宅から近いっていいですね。
8キロ付近で中尾陸橋を渡ります。本格的なアップダウン。昨年の第1回大会は、ここを左に逸れてもっときついアップダウンがありました。そういう意味では、今年の第2回大会はずいぶん走りやすくなりました。
xxxx

どこだか忘れましたが、12キロ付近(?)でトップランナーとすれ違いました。この先に激しいアップダウンの繰り返しがあるので、みんな苦しそうでした。
xxxx

15キロ付近。浦和美園の新興住宅地を走ります。時々チラリと姿を見せる「埼玉スタジアム2002」を目指します。
xxxx

埼玉スタジアム2002の勇姿。以前試走で来たときより大きく見えるのは気のせいでしょうか。
xxxx

17キロ付近でひとつ目の折り返し地点があります。カインズホームが目印。
xxxx

ハーフ~フィニッシュ

浦和美園を後にして、ここから田園地帯へ向かいます。
xxxx

周囲は畑で、ほぼ直線の一本道。思ったより風が無かったのが救いでした。この先で少しだけ、さいたま市から越谷市に入ります。
xxxx

越谷市の折り返し地点。ここまで来れば精神的にも楽になります。グッバイ越谷市。
xxxx

28キロ付近の陸橋。これはキツかった!長い坂が続きます。とにかく前を見ず、うつむいて走りました。上り坂と思って走ると、脳が「これは大変だ」と思いますからね。うつむいていれば「ここは上り坂じゃない」と脳をだますことができます。意外に使えるワザです。
新見沼大橋有料道路まで戻ってきました。
xxxx

ここから緩やかなアップダウンの繰り返し。昨年の第1回大会では、33キロ地点で足が動かなくなってしまいましたが、今回はまだ余裕がありました。32キロ地点を過ぎると「あと10キロだ!」と気合を入れて、キロ4分50秒までペースを伸ばしました。が、やはりアップダウンがキツいので自然とキロ5分5秒まで戻りました。
35キロ地点を過ぎると、新浦和橋が見えてきました。長い緩やかな坂+最後の急な坂が辛かったです。でも、頂上付近で給水ポイントがありましたので助かりました。坂を上り切った後に給水ポイントあるっていいですね!
xxxx
新浦和橋のてっぺん。写真だと解りづらいですが、ここからずっと下り坂です。その前にこれだけ上ってきたわけです。
xxxx

38キロ地点。いよいよ今大会最後の上り坂に差し掛かります。国道463号線、日本一長いイチョウ並木を駆け抜けます。紅葉というにはまだ早いですが、少しだけ色付いてきました。
xxxx

ここから北浦和駅西口交差点を左折して、ゴールのさいたまスーパーアリーナを目指します。今回は、35キロを過ぎてもまったく疲労を感じず、最後まで気持ちく走ることができました。
ラスト500メートルは全力ダッシュ!しかし、ネットタイム3時間35分をわずかに過ぎてしましました。まあ、これでも自己最高記録を大幅に更新できました。
xxxx

ゴールの後で

完走記念のタオルとメダルを受け取ります。
xxxx

今大会の戦利品。
xxxx

いつもなら計測チップを外すコーナーがあるのですが、今日はそのまま荷物置き場へと案内されました。計測チップは記念に持ち帰って良いそうです。だから「さいたま国際マラソン」独自デザインだったのですね。これは良い記念になりそう!
xxxx

自己最高記録更新

今回のグロスタイムは3時間35分03秒。「静岡マラソン2014」で出した自己最高記録、3時間37分52秒を3分弱も更新することができました!3時間35分を切れなかったのは残念でしたが、まあ良しとしましょう。
xxxx

ランネットでナンバーカードの番号を入力すると結果が確認できます。ネットタイムだと3時間32分40秒。やはりスタートラインには早めに並ぶべきでしたね…。
http://update.runnet.jp/2016saitamakokusai/index.html

  • Start 00:02:23
  • 5km 00:28:15 (0:25:52)
  • 10km 00:53:33 (0:51:10)
  • 15km 01:18:58 (1:16:35)
  • 20km 01:44:16 (1:41:53)
  • 中間点 01:49:45 (1:47:22)
  • 25km 02:10:02 (2:07:39) 
  • 30km 02:35:16 (2:32:53) 
  • 35km 03:00:20 (2:57:57) 
  • 40km 03:25:26 (3:23:03) 
  • Finish 03:35:03 (3:32:40)

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧