釧路湿原マラソン遠征記:結果は2時間15分44秒(2019年/30km)

2019年7月28日に北海道釧路市で開催された「釧路湿原マラソン」を走ってきた。

HOKA ONE ONE CARBON X

レースで履いたホカオネオネの「カーボン X」は、ロッキングチェアのように転がして走ると、長距離でもスピードが出て疲れにくい。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「釧路湿原マラソン」の主な特徴は以下のとおり。今回は30kmの部に参加してきた。

  • 毎年7月に北海道釧路市で開催
  • 種目は30km・10km・3km・ウォーク(30km・10km)
  • エントリーは4月から先着順にて受付
  • 会場は釧路市民陸上競技場
  • コースは新釧路川〜釧路湿原道路を往復

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

北海道釧路市で開催

レースの舞台は北海道の東部に位置する釧路市。日本最大の湿原「釧路湿原」やタンチョウヅルが有名。

釧路湿原のすぐ近く

釧路湿原国立公園の中は走れないが、30kmの部では近くを走行し、コースからチラリと見ることもできる。釧路湿原は半日でも観光できるので、マラソン遠征のついでにぜひ訪れたい。

真夏の30kmレース

7月という真夏に開催されるマラソン大会は珍しく、さらに30kmという距離も珍しい。秋のフルマラソンに向けた「30km走」として参加される方も多い。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に北海道入りした。

2019年7月27日(土)レース前日

午前中のフライトで羽田空港→釧路空港。空港から釧路市内まではバスで40分ほど。午後は釧路川のリバーサイドをジョギングしてきた。

宿は「天然温泉スーパーホテル釧路駅前」にお世話になった。目の前に釧路駅〜マラソン会場のシャトルバスの発着場があって便利。朝食・温泉が付いて税込6,500円。

2019年7月28日(日)レース当日

午前中の日程は以下のとおり。

  • 05:40 起床
  • 07:30 無料シャトルで釧路駅を出発
  • 08:00 大会会場に到着
  • 08:15 ランナー受付
  • 09:30 スタート
  • 12:16 フィニッシュ
  • 12:30 無料シャトルバスで大会会場を出発
  • 12:50 釧路駅に到着

午後は電車に乗って「釧路湿原国立公園」を観光した後、夕方のフライトで釧路空港→羽田空港。

スタートライン

「釧路湿原マラソン」の30kmの部は9時30分からスタート。

釧路市民陸上競技場へ

会場は釧路駅から7kmほど北にある釧路市民陸上競技場

レース当日は釧路駅から会場行きのバスが6:30・7:00・7:15・7:30の間隔で出ている。僕が乗ったのは最終便で混雑せずに余裕で座れた。

30分ほどで会場に到着。

受付

大会案内とナンバーカード引換証は2週間前に郵送されてきた。陸上競技場の外に設置された受付用テントで、ナンバーカードを含む参加キットを受け取る。ナンバーカード・計測タグと、無料で配布されていた「カラダ餅」。

ナンバーカードは35番。「もしかして自分は先頭集団に入れるのでは?」と思ったが、単に年代の若い順に番号を振っているだけ。

スポーツタオルと地元名産品のお土産もいただいた。

荷物

受付が終わると、陸上競技場の隣にある「湿原の風アリーナ釧路」へ。更衣室やシャワー、荷物預け入れはここに集約されている。

レース参加者は更衣室とシャワーが利用できる。コインロッカーもあるので安心(100円玉入れて戻るタイプ)。

荷物はナンバーカードを見せてスタッフの方にそのまま手渡す。貴重品の預け入れは更衣室のコインロッカーを使えば問題ない。

湿原ラン

「湿原の風アリーナ釧路」の裏側(北)に、釧路湿原を散策できる木道を発見。長さは数百mしかないが、ウォームアップがてら「湿原ラン」を体験してきた。

コース攻略

「釧路湿原マラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは釧路市民陸上競技場
  • 新釧路川〜釧路湿原道路を往復
  • 直線の多く、フラットなコース

以下は会場内に掲載していたコースマップ。

スタート〜10km

スタートラインは、陸上競技場の外に設置されている。整列はナンバーカードの番号や申告タイムで分かれずに、早いもの順という感じだった。

アナウンスでは、日中の最高気温が27度になるとのこと。釧路は夏でも平均最高気温が20度前後と聞いていたので、この暑さは想定外だった。目標ペースを4:10/kmから4:30/kmに落とすことにした。

定刻どおり9時30分にスタート。カウントダウンもなく、気づいたら「パンッ」と号砲が鳴った。しばらく一本道を直進。木陰がないので、直射日光をガンガン浴びまくる。

片側二車線の大通りに出て、市街地を目指します。道路の一車線を自動車が通行するので、警察・警備の方が交通整理されていた。

釧路といえばタンチョウヅルが有名。新釧路川にかかる「鶴見橋」はタンチョウヅルをモチーフにしており、橋の柵や街頭にその形をしている。

鶴見橋を渡り、新釧路川の対岸をしばらく北上。左に曲がると10km地点に到達。目標ペース4:30/kmよりも遅い。

10km〜20km

釧路湿原に隣接する釧路湿原道路を往復する。横から気持ち良い風が吹いてくるので、木陰がなくても涼しさを感じる。とはいえ27℃はやはり暑い。給水ポイントではしっかり水分補給して、水スポンジも受け取った。

13kmあたりで先頭集団とすれ違い、15kmあたりが折り返し地点。

20km地点を通過。10km地点とペースはさほど変わらず。

20km〜ゴール

再び新釧路川沿いの道に戻る。向かい風がビュンビュン吹いてくるが、今日ばかりは風が暑さを和らげてくれるので苦にならない。

24kmからペースアップ。ここまでは無理のないペースで来たので体力は残っていた。ラスト4kmは4:20/km以下のペースを維持して、太陽がギラギラ照りつける市街地を駆け抜けていく。

最後は陸上競技場でゴール。

ゴールの後で

「釧路湿原マラソン」の30kmの部の完走タイムは、ネットで2時間15分44秒、グロスで2時間16分6秒だった。

真夏ならではのペース

釧路は真夏でも涼しく、7月の平均最高気温は20度前後と聞いていたが、実際には最高気温27度の真夏日。今回は事前に目標ペースを落としたので、無理のないレース展開ができたと思う。

本日の戦利品

ゴールした後は、計測チップを外してもらい、ドリンクとバナナを受け取る。記録証も即時発行。

ナンバーカードの番号で抽選会もやっていた。「どうせ当たらないよな」と思いながら抽選結果を確認すると、自分の番号「35」があった!賞品は、ミズノのショルダーバッグ。表彰台近くのテーブルで受け取ってきた。

シャトルバス

陸上競技場の外から釧路駅行きの無料シャトルバスが出ている。出発時間は12:00・12:30・13:00〜(以降、10分間隔で出発)。ギリギリ12時半発に乗り、13時前には釧路駅に戻れた。

ご当地グルメ

レースの後は釧路駅の売店で地元ならではのおにぎりをいただいた。天むす・ザンギマヨネーズ・筋子の三兄弟。

釧路はラーメンの名店が多い。レース前日のランチは「銀水」の醤油特製チャーシューメンをいただく。

前日の夕食もラーメン。こちらは「純水」のあっさり釧路正油ワンタンメン。カーボローディングするには最高の一皿だ。

シューズ

「釧路湿原マラソン」では、ホカオネオネのカーボンファイバープレート搭載シューズ「カーボン X」を履いてレースに挑んだ。

ロッキングチェアのように転がして走ることで爆発的な推進力を生み出すのが特徴。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

HOKA ONE ONE CARBON X

レースで履いたホカオネオネの「カーボン X」は、ロッキングチェアのように転がして走ると、長距離でもスピードが出て疲れにくい。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >