【まなびのみち】埼玉・東松山の廃線敷をゆく、13kmのトレイルランニングコース

「まなびのみち」は、埼玉県東松山市にある全長13kmの遊歩道。東武鉄道の高坂駅を起点に、丘陵地のトレイルランニングコースやかつて貨物専用路線として使われていた廃線敷を走れるのが特徴。地元埼玉県民がコースの魅力を紹介する。

アクセス

「まなびのみち」の起点は、東武鉄道の高坂駅。池袋直結の東武東上線が停車するので、都心からアクセスしやすい。関越自動車道「鶴ヶ島IC」からも近く、コース上に無料の駐車場もある。

今回僕は高坂駅から少し離れた「埼玉県立こども動物自然公園」から走り始めた。家族が自然公園で遊んでいる間に「まなびのみち」を走ろうという算段だ。もちろん、自然公園もコースの一部。

コース

こちらが「まなびのみち」のコースマップ。コースマップは東松山市の公式サイトからPDF版をダウンロードすることもできる。

こども動物自然公園から時計回りで走り始めると、まず長い上り坂を上っていく。両サイドにある建物は、大東文化大学の東松山キャンパス。言わずと知れた大学駅伝の強豪校であり、男子長距離ブロックの練習拠点もここ東松山にある。

大東文化大学の東松山キャンパス

坂を上りきると、「岩殿観音正法寺」の入り口がある。

「まなびのみち」の無料のパンフレットが置いてあったので一部いただいた。パンフレットのコースマップを頼りに走り続ける。

市民の森

地図のルートに沿って、「物見山駐車場」の敷地内へ。無料の駐車場があった。

しばらく山道を走る。途中で道に迷いそうになるが、案内板を頼りに進んでいく。

「市民の森」の中を走ります。起伏の多いトレイルコースが続く。

森から出ると、山に囲まれた土地に田んぼが広がる。

途中で何度も「この道でいいのかな…」と不安になりながら、案内板を頼りに進んでいく。パンフレットのコースマップはかなり大雑把なので、実際のルートと合わない場所があった。

廃線敷の遊歩道

ここからは「まなびのみち」の見どころのひとつ、廃線敷を走る。もともと貨物列車が走っていた場所に、遊歩道が整備されている。なんとこの遊歩道、2015年に整備されたばかり。

芝生みち

廃線敷遊歩道の先には階段があり、その上は芝生の道が続いている。現地の案内板には「緑地園路」と書かれていた。

再び廃線敷へ

しばらく一般道を走り、関越自動車道の下を通過。この辺りも迷いやすいので、看板を頼りに高坂駅を目指します。

まなびのみち 道案内

コースの途中でハイカーの集団に出会った。走っている人は一度も見かけなかったが、歩いている人はたくさんいた。穴場なんだろうか。

再び廃線敷遊歩道に入る。先ほどの遊歩道とは違い、こちらは一見すると普通のサイクリングロード。

遊歩道の先には東武鉄道の高坂駅がある。ここが「まなびのみち」と起点でもある。

高坂彫刻プロムナード

高坂駅から一般道沿いを走って「埼玉県立こども動物自然公園」へ。駅から伸びる一本道は「高坂彫刻プロムナード」と呼ばれ、歩道には彫刻作品が展示されている。

高坂彫刻プロムナードの彫刻

関越自動車道を越えたらゴールはもうすぐ!最後に坂を少しだけ上って「埼玉県立こども動物自然公園」に無事到着。

お役立ち情報

今回は時間がなかったのでスルーしてしまったが、「高坂彫刻プロムナード」は展示作品がたくさんあるので、時間があればじっくり鑑賞していきたい。

高坂彫刻プロムナード

ちなみに幼児・小学生の子どもがいる家庭には、「埼玉県立こども動物自然公園」はおすすめ。体験型の動物園や広大なアスレチック場があり1日中楽しめる。県営なので入園料が割安なのもありがたい。

旅鉄BOOKS 019 廃線探訪入門