旅ランニング|埼玉・見沼代用水

埼玉県

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

埼玉県さいたま市の真ん中を流れる「見沼代用水」を走ってきたので紹介します。

見沼田んぼを挟み、大宮公園や氷川女體神社を巡る「西縁ルート」と見沼自然公園を巡る「東縁ルート」があります。

今回は、西縁→掛樋史跡公園→東縁→見沼通船堀のルートで1周してきました。

目次と内容

見沼代用水の魅力

見沼代用水(みぬまだいようすい)は、江戸時代中期に造られた農業用水です。

水源は埼玉県行田市の利根川。上尾市で西縁と東縁に分岐し、さいたま市南部に至ります。

川縁には遊歩道が整備されており、信号で足止めされる場所が少ないため、ランニングするには最高の環境です。

また、全体的に木陰が多いので真夏は涼しくて助かります。

今回は、西縁→掛樋史跡公園→東縁→見沼通船堀のルートで1周してきました。

西縁ルート

それでは早速、見沼代用水を西縁ルートから走ってみます。

今回は北浦和の自宅から向かい、「さいたま市立大原中学校」のあたりから見沼代用水西縁に入りました。

近くの橋で、浦和レッズのマスコットと「見沼代用水西縁」の文字盤を発見。記念にツーショットを撮りました。

西縁ルートを北上していきます。大宮第三公園と大宮第二公園を通過します。

市街地を抜けると、市民の森見沼グリーンセンターの手前で風車を発見。

さらに北上すると、JR大宮車両センターが見えてきます。電車を見ながら歩道橋を渡り、線路の反対側へ。

大宮駅の北東に位置する東大宮親水公園の中を通ります。

掛樋史跡公園

しばらく住宅街を縫うように走っていると、見沼代用水西縁と東縁が合流するポイントにたどり着きました。ここはさいたま市ではなく、上尾市瓦葺。

近くには「掛樋史跡公園」があります。

このまま北上し続けると、水源である行田市の利根川へつながりますが、今回はここから東縁を南下します。

東縁ルート

東縁ルートでは、見沼田んぼの自然を満喫しながらランニングが楽しめます。七里公園、見沼自然公園、川口自然公園など、見沼田んぼの原風景を残す公園があります。

見沼代用水東縁は、行田市〜川口市にかけて埼玉県が整備している「緑のヘルシーロード」の一部でもあります。自動車・バイクの通行が禁止されている区間が多く、安心して走れるのがいいですね。

春は桜並木と新緑に癒されます。

見沼通船堀

川口自然公園の近くに「見沼通船堀」と呼ばれるスポットがあります。

江戸時代(1731年)に東西の代用水をつなぐ運河として開削されました。途中、3mの水位差があるため、関を設けて水位を調整しながら船を上下します。

このように水位を調整できる運河は「閘門式運河」と呼ばれていますが、「見沼通船堀」はなんと国内最古の閘門式運河だそうです。

現在は船が通行できるような水量はありませんが、公園・遊歩道として当時の面影を残しています。

見沼通船堀を経由して西縁ルートに戻りました。ここから北上してスタート地点を目指します。この辺りは自然道になっているのでクロスカントリー走が楽しめます。また、木陰が多いため、真夏でも涼しく走れます。

途中「氷川女體神社」の近くを通ります。さいたま市大宮区にある「大宮氷川神社」とペアになっており、大宮氷川神社を「男体社」とし、それに対し氷川女體神社は「女体社」にあたります。

スタート地点の大原中学校まで戻ってきました。1周すると38kmになります。

おまけ

関連記事

#埼玉県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。