旅ランニング|戸田漕艇場・戸田ボート:1周5.5kmのランニングコース

埼玉県戸田市にある全長2.5kmの巨大水路。競艇や漕艇を見ながらランニングが楽しめるコースだ。

購入ガイド

競艇と暴力団 「八百長レーサー」の告白」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

戸田漕艇場とは?

漕艇(そうてい)とは、競技用ボートを漕ぐことを意味する。英語だとrowing(ローウィング)。

今回訪れた「戸田漕艇場」は、埼玉県戸田市にあるボート競技専用のコース。全長2.5kmあり、西側の500mは「ボートレース戸田」の競艇に、東側の2000mは漕艇に使われる。

漕艇場の南側は遊歩道が整備されており、漕艇部の学生たちのジョギングコースでもある。北側は一方通行の道路。1周すると5.5kmほど。

以下は現地で見つけた周辺マップ。漕艇場は「戸田公園」の一部でもある。

アクセス

戸田漕艇場は埼玉県と東京都の県境である荒川の北側に位置する。

ボートハウスなどがある競艇場の東側には、JR埼京線・戸田公園駅が最も近い。車だと国道17号(中山道)の戸田橋を渡ってすぐだ。

1周5.5kmの周回コース

実際に「戸田漕艇場」をぐるりと1周してみたので、コースの様子を紹介する。以下は周回コースを記録したストラバのアクティビティだ。

ボートレース戸田

今回は西側の「ボートレース戸田」の入口付近から走り始めた。

漕艇場の南側は荒川土手に隣接している。

しばらく走ると水際まで近づける。写真は漕艇場を横断する歩道橋「戸田公園大橋」だ。

歩道橋からボートハウスのある東側までは、約2kmの直線コース。このあたりは漕艇部の学生のジョギング姿をよく見かける。

土曜日の午後の漕艇場の様子。ボートと並走してみたが、4:30/km前後のペースが多かった。

ボートハウス

漕艇場の東側には競技用ボートを保管するボートハウスが軒を連ねる。500m手前からは100m毎に距離表示もあった。

ボートハウスは「艇庫」とも呼ぶらしい。こちらは中央大学の艇庫。

成蹊大学。

一橋大学。

筑波大学。

東京大学。

そしてこちらが漕艇場の東端。ここでボートを上げ下げする。

漕艇場の東側から見た景色がこちら。

北側の道路

漕艇場の北側は片側一車線の道路があり、交通量が少ないので安心してランニングできる。ただし景色が単調で、柵越しからボートも見えにくく、ずっと走っていると飽きてくる。

こちらは「戸田公園大橋」。この橋を起点にボートハウスまで1周すると、4.5kmくらいだろうか。

西側に近づくと「ボートレース戸田」の観客席が見える。

漕艇場の西側から見た景色がこちら。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

競艇と暴力団 「八百長レーサー」の告白」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。