レース攻略|伊豆大島マラソン遠征記:結果は3時間16分50秒(2021年/フル)

2021年12月11日に東京都大島町で開催された「伊豆大島マラソン」を走ってきた。種目は伊豆大島を1周するフルマラソンの部。日帰りマラソン遠征の様子を紹介する。

#東京都

とも

今回のレースで使用したランニングソックスは、ガッツマンの「ランニングソックス 五本指」。自衛隊員が愛用するブランドで耐久性に優れている。伊豆大島の過酷なアップダウンにもしっかりと耐えてくれた。

ガッツマン ランニングソックス五本指」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

大会の魅力

「伊豆大島マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年12月に東京都大島町の伊豆大島で開催
  • 種目は5km・10km・ハーフ・フル
  • フルマラソンは伊豆大島を1周するコース
  • 土曜日開催なので、日曜日に休める

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

伊豆大島で開催

伊豆大島は相模湾の南、伊豆半島の東に位置する伊豆諸島最大の島。住所は東京都大島町なので、島内を走る自動車のほとんどが品川ナンバーだ。

伊豆大島をぐるりと1周

フルマラソンの部は、伊豆大島を時計回りで1周する。高低差365mの激坂を含むアップダウンの多いが、島めぐりが楽しめるコース。

以下は伊豆大島の観光名所のひとつ「地層大切断面」。

移動も楽しい

島外から参加する場合、船か飛行機で伊豆大島に上陸する。移動も含めて楽しめるのが「伊豆大島マラソン」の魅力。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は日帰りでレース当日に伊豆大島に上陸した。正確にいうと、出発したのはレースの前日。深夜便の大型客船に乗り、海の上でひと晩過ごした。

2021年12月10日(金)レース前日

大型客船「さるびあ丸」に乗船し、22時に東京・竹芝桟橋を出港。23時半に横浜港にも寄港する。金曜日に仕事を終えてからでも十分に間に合う。

2017年12月11日(土)レース当日

そして翌朝6時に伊豆大島の岡田港に入港。会場近くの元町港に入港するものと思い込んでいたので焦ったが、岡田港→元町港はバスでスムーズに移動できた。

レース当日の日程は以下のとおり。

  • 06:00 伊豆大島・岡田港に到着
  • 07:00 仲の原園地で受付
  • 08:30 フルマラソンスタート
  • 12:00 御神火温泉で入浴
  • 15:35 大島かめりあ空港を出発
  • 16:00 東京・調布空港に到着

スタートライン

「伊豆大島マラソン」のスタート・ゴール会場は仲の原園地に設置される。伊豆大島の東側の玄関口、元町港から徒歩5分。

受付

受付は例年、元町港客船待合室で行っているらしいが、今年は新型コロナウィルスの感染リスクを考慮して、仲の原園地に窓口が設置されていた。

仲の原園地の芝生で1時間ほど待機していた。

手荷物は配布されたビニール袋にナンバーカードの番号を書き、設置スペースに置くスタイル。受け取る時にナンバーカードと照合する。

開会式

8時から仲の原園地の仮設ステージで開会式が始まった。シンガーソングランナー「SUI」さんの歌に会場が盛り上がった。

スタートライン

フルマラソンは8時半スタート。10分前からスタートラインに整列し始める。完走タイム3時間〜3時間20分は先頭ブロックだった。

コース攻略

のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは仲の原園地
  • 高低差365mの坂(13-17km上り・23-27km下り)
  • 高低差100m級の坂が2箇所(7km・36kmあたり)

以下は大会パンフレットのコースマップ。

スタート〜10km

スタート直後は海岸線沿いの道路を走る。今日は天候に恵まれ、晴れ時々曇りで風はほとんどなかった。

5km以降は基本的に歩道もしくは道路の左側を走る。

7kmあたりで高低差100mの坂を上り切る。ただし傾斜は緩いのでそこまで苦しく感じなかった。

8kmあたりで海が見えた。伊豆大島の北側の景色。

10km地点を43分で通過。サブ3よりも少し遅いが、アップダウンがある割には悪くないペース。

10km〜20km

「大島一周道路」をひたすら直進。

12kmあたりのエイドステーションを過ぎると、高低差365mの激坂に差し掛かる。

大会パンフレットにも「急激な上り坂」と書かれていたので身構えていたが、実際に走ってみると傾斜はそこまでキツくない。一度も止まらずに5:10〜5:30/kmペースで走り切ることができた。

最高地点を過ぎて間もなくしてお腹がギュルッとなり、18kmのエイドステーションの仮設トイレに駆け込む。ここで2分ほどタイムロスしてしまったが、我慢して後で悲劇が起こるよりはマシだ。

20km〜30km

23km〜27kmは下り坂が続くため、重力を生かして転がるようにして走った。最速で3:33/kmまでペースアップした。

坂を下ると、伊豆大島の南側、波浮港エリアに出る。住宅街〜海岸線をひたすら走り続ける。この辺りは比較的フラットで走りやすい。

30km地点を2時間8分で通過。

30km〜ゴール

30km以降はラスト1kmまで緩やかなアップダウンが続く。特に100m級の激坂はラスボス級にキツかった。

キツいけど、オーシャンビューには癒される。

伊豆大島の観光名所「地層大切断面」が見えてくるとテンションが上がる。通称バームクーヘン。確かにそう見えなくもない。

37km以降は下り基調だが、ちょこちょこアップダウンがあって気が抜けない。

ラスト2km。ここから元町港を通り、仲の原園地を目指す。

仲の原園地に設置されたフィニッシュラインで無事にゴール。

ゴールの後で

「伊豆大島マラソン2021」の完走タイムは、ネットで3時間16分50秒だった。目標タイムは3時間20分だったので、悪くない結果だ。

最大の懸念事項であった高低差365mの激坂は難なく乗り越えられたのは意外だった。それよりも30km以降のアップダウンがキツい。30kmの壁と激坂のダブルパンチの破壊力は半端ない。

ゴール会場

こちらはゴール会場の様子。

荷物置き場で自分の荷物袋を探す。入口の係員に袋の番号とナンバーカードを照合して本人確認を行う。

本日の戦利品

大島銘菓の「牛乳せんべい」とアミノバイタルをいただいた。

他にも、大島名物の「青唐がらし醤油」とネックゲイター、その他試供品もいただいた。

温泉入浴

マラソンの後は、会場の隣にある「愛らんどセンター御神火温泉」で汗を流してきた。水風呂もあり、温冷交代浴で疲労ケアをしてきた。

ご当地グルメ

温泉の後は食堂で「とんこつラーメン」をいただく。ランニング後はこういう塩っぱい食べ物が無性に欲しくなる。

復路はプロペラ機

伊豆大島の空の玄関口は「東京大島かめりあ空港」。帰りは船ではなく、プロペラ機に乗って東京の調布飛行場を目指した。

所要時間はたったの25分。小型機にしては思ったより揺れず、葉山→戸塚→立川の景色を上空から楽しめた。

シューズはメタスピードスカイ

今回のレースで使用したランニングシューズは、アシックスの「メタスピードスカイ」。

他のレースシューズに比べるとソールがフラットに着地するため、上り坂・下り坂では安定感が高く、クッションの恩恵を得ることができた。

その他、ウエストポーチはサロモンの「AGILE 250」を使用。スマホ、エイド、貴重品をコンパクトに収納するのにちょうど良いサイズで、ウエスト周りにぴたりとフィットする。

ランニングソックスは「ランニングソックス 五本指」をレースに初投入。自衛隊員が愛用するブランドで耐久性に優れているのが特徴だ。

そして、冬のマラソンに欠かせないのがスポーツ腹巻き。僕はグンゼの「ウエストウォーマー」を愛用している。

今回の旅では東京→大島の大型客船に乗り、夜間は相部屋で雑魚寝をした。その際に腹巻きを頭にすっぽりかぶり、アイマスクと耳栓として活用。おかげでぐっすり熟睡できた。

#東京都

とも

今回のレースで使用したランニングソックスは、ガッツマンの「ランニングソックス 五本指」。自衛隊員が愛用するブランドで耐久性に優れている。伊豆大島の過酷なアップダウンにもしっかりと耐えてくれた。

ガッツマン ランニングソックス五本指」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2021年4月に発売されたMETASPEED SKY (メタスピード スカイ)は、アシックスのトップアスリート向けのランニングシューズ。カーボンプレートを搭載し、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるようにしている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ASICS METASPEED SKY」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ランニング用のウエストポーチを探しているならサロモンの「アジャイル250」がおすすめだ。フィット感と安定感が抜群で中身の荷物が揺れない。スマートフォン、貴重品、エナジージェルなどが収納できて、レース本番にも使える。僕は「アジャイル250」でこれまでフルマラソンの自己ベストを何度も更新してきた。続きを読む

サロモン アジャイル250」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ガッツマン(GUTS-MAN)は自衛隊員が100㎞行軍で履く靴下のブランド。そんな「日本版MIL規格」とも言うべき最強の靴下をランナー向けにカスタマイズしたのが「ランニングソックス五本指」。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ガッツマン ランニングソックス五本指」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ウエストウォーマー(waist warmer)は「腹巻」の意味。国内大手下着メーカーのグンゼが本気を出して作った腹巻は、裏起毛で真冬でも暖かく、伸縮性に優れて体のラインにピタリとフィットする。ランニング用に買ってみたので着心地や使い勝手などを紹介する。続きを読む

グンゼ ウエストウォーマー MH0770A」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。