青梅マラソン遠征記:結果は2時間16分34秒(2019年/30km)

2019年2月17日に東京都青梅市で開催された「青梅マラソン」を走ってきた。種目は30kmの部。

NIKE ZOOM PEGASUS TURBO

今回のレースで履いたシューズはナイキの「ペガサスターボ」。世界最速マラソンシューズ「VAPORFLY 4%」と同じ「NIKE ZOOM X」クッションを採用しているのが特徴。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「青梅マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年2月に東京都青梅市で開催
  • 種目は30km・10km
  • エントリーは9月から先着順にて受付
  • 前半は上り坂・後半は下り坂のコース

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

東京都青梅市で開催

青梅市は東京都の西部に位置する。JR中央線に乗れば、東京・新宿から会場最寄のJR川部駅まで1時間もかからない。

歴史ある大会

初開催は1967年。「マラソンの普及と強化」を目的に始まった。30kmの部は182人が参加し、2位は1964年の東京五輪でマラソン男子銅メダルを獲得した円谷幸吉。2019年の今大会は第53回の開催となる。

春マラソン前の30kmレース

2月〜4月の春マラソンに向けた30km走として「青梅マラソン」に参加するランナーは多い。僕も今回は3月の「東京マラソン2019」に向けた練習の仕上げとして参加した。

早起きしなくて良い

30kmの部は11時半スタート。レース当日に首都圏から現地入りする場合でも、早起きしなくても余裕を持って移動できる。僕は埼玉県の自宅を8時半に出発して十分間に合った。

遠征日程

今回はレース当日に埼玉県の自宅から会場へ向かった。

30kmの部は11時半スタートなので時間には余裕があり、むしろ現地で時間を持て余したくらい。移動の日程は以下のとおり。

  • 06:30 起床
  • 07:00 朝食
  • 08:00 自宅出発
  • 09:50 JR河辺駅到着
  • 10:00 受付会場到着

立川駅でJR中央線に乗ったら激混みだった…。JR河辺駅。ちなみに「河辺」は、「かわべ」ではなく「かべ」と読む。

スタートライン

レース当日の受付は、河辺駅から徒歩10分の河辺小学校で行う。

以下は会場の様子。

河辺小学校からスタート地点までは1kmほど離れている。ウォームアップを兼ねてジョギングするとちょうど良い。

スタートブロックの様子。ナンバーカードで細かくブロック分けされている。たまに違うブロックに紛れ込むランナーがいるが、大会スタッフが厳しく監視している。

2月中旬だというのに、半袖でも寒くないぐらいの暖かさ。でも折り返し地点の気温は7℃と聞いて、長袖にして良かったと思った。

コース攻略

今回参加した30kmの部のコースの特徴は以下のとおり。

  • 奥多摩街道からスタートし、青梅街道の山道を上って下りてくる往復コース
  • スタートから最高地点(折り返し地点)までの高低差は 85.8m
  • スタート直後の奥多摩街道は道幅が狭く、混雑する
  • ゴールは総合体育館

以下のコースマップは公式サイトより拝借。青が30km、ピンクが10km。

前半は上り坂とはいえ、15kmかけて徐々に高度を上げていくので、それほどタフではない。

スタート〜15km

珍しく緊張感に欠けるスタートだった。奥多摩街道は道幅が狭く、スタートラインの状況が伝わらないまま号砲が鳴る。

案の定、スタート直後の渋滞に巻き込まれる。最初の1kmは5分37秒もかかった。次の1kmは4分55秒。3km地点を過ぎてようやく自由気ままに走れるようになった。

8kmあたり。片側一車線の片側に誘導されるので、再び混雑する。センターラインに置物はなく、大会スタッフの方が「左へ寄ってください」と誘導するだけ。

緩やかな上り坂を進んでいく。足は重く感じるが、そんなに苦しく感じない。

12km地点。なんだかもう「山奥」って感じ。

奥多摩町に入る。

14km地点。折り返し地点までもうすぐ。

そしてこちらが折り返し地点。青梅マラソン最高地点でもある。

15km〜ゴール

中間地点を過ぎると「後半は下り坂だけだからガンガン攻めていこう!」と、いきなり4:10/kmまでペースアップ。それまでは4:40/kmで来たので、急激なペースアップとなる。

15km〜21kmまでは順調だったが、22kmあたりのアップダウンで一気にペースダウンしてしまった。それからペースを戻すことが出来ず、かろうじて4:20/kmをキープ。

19km地点。この時はまだ元気だった。

25km地点の給水所。すでに足がゾンビ化していたが、なんとか重力を生かして走り続けた。

奥多摩街道に戻り、スタート地点を通過。ここからゴールまでが非常に長く感じた。

最後は総合体育館でフィニッシュ。

ゴールの後で

「青梅マラソン」の完走タイムは、ネットで2時間16分34秒、グロスで2時間15分32秒だった。平均ペースは4:30/kmをちょっと下回るくらい。

人生初の30km

30kmをレースで走るのは今回が初めて。ペース設定に悩んだが、前半は上り坂ということでペースは抑え気味に、後半は下り坂なのでペースアップを試みた。15〜22kmでオーバーペース気味だったのが今回の反省点。

テレビ取材

フィニッシュエリアを歩いていたら、テレビの取材班に呼び止められた。こういうのは初めて。

本日の戦利品

銀色に輝く完走メダル。

ご当地グルメ

VAAMと梅おにぎり。梅つながりでご当地になるのかな。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

NIKE ZOOM PEGASUS TURBO

今回のレースで履いたシューズはナイキの「ペガサスターボ」。世界最速マラソンシューズ「VAPORFLY 4%」と同じ「NIKE ZOOM X」クッションを採用しているのが特徴。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >