レース攻略|青梅マラソン2019:30km 2時間16分34秒

東京都

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

2019年2月17日に参加した「青梅マラソン」の大会レポートをお届けします。

種目は30km。高低差85mのコースは、前半は上り坂、後半は下り坂を駆け抜けます。

首都圏からアクセスしやすく、3〜4月のフルマラソンに向けた30km走としても人気の大会です。

目次と内容

大会の魅力

青梅マラソンは毎年2月に東京都青梅市を舞台に開催されるマラソン大会です。

マラソンの普及と強化を目的として1967年に初開催され、2019年で第53回の開催を迎えます。

種目は30kmと10kmがあり、今回は「東京マラソン」の予行演習として30kmの部に参加しました。

スタート地点はJR青梅・河辺駅駅の近くの「奥多摩街道」に設置されます。

ゴール地点は、スタート地点から1kmほど離れた場所にある「総合体育館」に設置されます。

30kmの部は奥多摩街道からスタートし、青梅街道の山道を上って下りてくる往復コースです。スタートから最高地点(折り返し地点)までの高低差は85m。

以下のコースマップは公式サイトより拝借。青が30km、ピンクが10kmのコースです。

遠征日程

30kmの部は11時半スタート。レース当日に首都圏から現地入りする場合、早起きしなくても余裕を持って移動できるのが嬉しいですね。

埼玉県の自宅からだと、8時半に出発しても十分に間に合いました。

レース当日の日程は以下のとおり。

  • 06:30 起床
  • 07:00 朝食
  • 08:30 自宅出発
  • 09:50 JR河辺駅到着
  • 10:00 受付会場到着

立川駅でJR中央線に乗り換えます。日曜日の朝だというのに混雑しています。

スタートライン

受付会場はJR河辺駅から歩いて10分の河辺小学校に設置されます。ちなみに「河辺」は、「かわべ」ではなく「かべ」と読みます。

以下は会場の様子です。

河辺小学校からスタート地点までは1kmほど離れています。ウォームアップを兼ねてジョギングするにはちょうど良い距離です。

スタートブロックの様子。ナンバーカードで細かくブロック分けされています。たまに違うブロックに紛れ込むランナーがいますが、大会スタッフが厳しく監視していました。

2月中旬だというのに、半袖でも寒くないです。でも折り返し地点の気温は7℃と聞いて、長袖にして良かったと思いました。

コース攻略

ここからは「青梅マラソン」を走った時の様子を振り返ります。

前半戦

珍しく緊張感に欠けるスタートでした。奥多摩街道は道幅が狭く、スタートラインの状況が伝わらないまま号砲が鳴ります。

案の定、スタート直後の渋滞に巻き込まれました。最初の1kmは5分37秒。次の1kmは4分55秒。3km地点を過ぎてようやく普通に走れるようになりました。

8kmあたり。片側一車線の片側に誘導されるので、再び混雑しはじめます。センターラインに置物はなく、大会スタッフの方が「左へ寄ってください」と誘導するだけ。

緩やかな上り坂を進んでいきます。足は重く感じますが、そこまで苦しくありません。

12km地点。なんだかもう「山奥」って感じですね。

奥多摩町に入ります。

14km地点。折り返し地点までもうすぐ。

そしてこちらが折り返し地点。青梅マラソン最高地点でもあります。

ここまでは4:40/kmペースでなんとか上って来れました。

後半戦

中間地点を過ぎると「後半は下り坂だけだからガンガン攻めていこう!」と、いきなり4:10/kmまでペースアップします。

15km〜21kmまでは順調でしたが、22kmあたりのアップダウンで一気にペースダウンしてしまいました。それからペースを戻すことが出来ず、かろうじて4:20/kmをキープ。

19km地点。この時はまだ元気でした。

25km地点の給水所。すでに足がゾンビ化していますが、なんとか重力を生かして走り続けます。

奥多摩街道に戻り、スタート地点を通過。ここからゴールまでが非常に長く感じました。

最後は総合体育館でフィニッシュ。

ゴールの後で

「青梅マラソン」の完走タイムは、ネットで2時間16分34秒、グロスで2時間15分32秒でした。平均ペースは4:30/kmをちょっと下回るくらい。

30kmをレースで走るのは今回が初めてでした。ペース設定に悩みましたが、前半は上り坂ということでペースは抑え気味に、後半は下り坂なのでペースアップを試みました。15〜22kmでオーバーペース気味だったのが今回の反省点です。

フィニッシュエリアを歩いていたら、テレビの取材班に呼び止められました。どうせオンエアされないでしょうけど。

本日の戦利品は、銀色に輝く完走メダルです。

そして、VAAMと梅おにぎり。青梅だから梅なんですかね。

おまけ

フルマラソンに向けて30km走を行うランナーは多いと思いますが、なかなか自分で走るのはキツいですよね。

「青梅マラソン」は本格的なレースで30kmを走れるので、本命フルマラソンの予行演習としてもおすすめの大会です。ちなみに「tomo」は「東京マラソン2019」の練習として参加しました。

関連記事

#東京都

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。