旅ランニング|東京・夢の島公園のジョギングコース

東京都

東京湾に面した「夢の島公園」のランニングコースを紹介する。公園の西側には1周0.8km・1.0km・1.5kmのコースが整備されているが、西側〜東側を行き来して公園全域をのびのび走るのがおすすめ。

目次と内容

夢の島とは?

夢の島公園は、東京都江東区にある都立公園。ごみの最終処分場であった埋立地を整備して1978年に開園した。

スポーツ・レジャー施設が充実

夢の島公園には陸上競技場、野球場、アーチェリー場などのスポーツ施設の他、マリーナやBBQ広場などのレジャー施設もある。歩道や緑道も整備されており、ウォーキングやランニングが楽しめる。

第五福竜丸展示館

ちょっと変わった施設もある。園内中央に位置する「第五福竜丸展示館」では、1954年にアメリカが行った水爆実験の犠牲になった「第五福竜丸」を展示している。

アクセス

東京湾のウォーターフロントに位置する「夢の島公園」は、電車でも車でもアクセスしやすい。

最寄駅は新木場駅

埼京線・京葉線・東京メトロ有楽町線が利用可能。

車なら首都高湾岸線・新木場IC

新木場ICを降りた目の前が「夢の島公園」。園内には駐車場が点在するので停める場所にも困らない。

コース

今回は2022年7月10日に開催された「META:Time:Trialsジャパンシリーズ」に参加するために「夢の島公園」を訪れた。会場は、夢の島競技場。ウォームアップジョグを兼ねて園内をぐるりと1周してきた。

園内マップ

公園の西側には野球場と競技場がある。道路を挟んで東側にはバーベキュ会場、熱帯雨林博物館、陸上競技場、アーチェリー場、マリーナなどが点在する。

ちなみに競技場が2つあるが、西側の方がフルスペックの「江東区夢の島競技場」で、東側の方が簡易な「夢の島公園陸上競技場」となっている。

夢の島公園陸上競技場

まずは公園の東側から走る。最初に目にしたのは「夢の島公園陸上競技場」。今日は使用者がいなくてガランとしていた。

第五福竜丸展示館

競技場の隣にあるのが「第五福竜丸展示館」。入館料は無料。閉館前にギリギリ間に合ったので、展示物を見て回ってきた。水爆実験の「死の灰」に汚染された船体が間近に見れる。

夢の島マリーナ

第五福竜丸展示館を出ると、目の前にマリーナが広がる。

しばらく遊歩道を走っていくと「夢の島マリーナマリンセンターの建物」が見えた。この辺りだけ、リッチな雰囲気が漂っているのは気のせいだろうか。

緑道公園

公園の東端をまわり、南側までくると「夢の島緑道公園」に差し掛かる。

緑道は日陰になっているので真夏日でも涼しく感じる。アスファルト(写真右)と不整地(写真左)が選べるのが嬉しい。

夢の島競技場

横断歩道を渡って公園の西側へ。こちらは公園の西南に位置する「夢の島競技場」の様子。

野球場

競技場の北側には野球場の区画がある。西端からは「東京スカイツリー」が見えた。

ここから「夢の島公園」の北側にアクセスできるのだが、現在はスケートボード場を整備している関係で通行止めとなっていた。

しかたなく野球場の間の通路を通って公園の中央に戻った。

陸橋

こちらは公園の中央にある陸橋もある。西側と東側を自由に行き来できる。

ジョギングコース

公園の西側にはジョギング・ウォーキングコースが整備されている。距離1周0.8km、1.0km、1.5kmから選べる。

まとめ

以上、東京都江東区にある「夢の島公園」の様子を紹介した。西側のジョギング・ウォーキングコースを走るのも良いが、公園全域をのびのびと走るのがおすすめだ。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

#東京都

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。