【日本一長いけやき並木】埼玉・北浦和〜所沢を結ぶランニングコース

旅ラン・コース紹介

埼玉県の浦和〜所沢を結ぶ国道463号線沿いには、約17kmにわたり2400本ものケヤキが植えられており、「日本一長いけやき並木」として知られている。今回はその一部、北浦和〜三芳間の10km区間を往復してきたので、その様子を紹介する。

この記事の目次

アクセス

日本一長いけやき並木は、国道463号の浦和〜所沢の区間。僕が現在住んでいる、埼玉県さいたま市浦和区の北浦和駅西口が起点。沿道には2417本が植えられており、「日本一長いけやき並木」として知られ、「新・日本街路樹100景」にも選ばれている。

ここから埼玉県所沢市の所沢航空記念公園まで、ほぼ一直線の道路が続く。途中、荒川を越えて、埼玉県富士見市、入間郡三芳町、新座市、所沢市を通過する。

コース

今回走ったのは、北浦和〜三芳町の区間。距離にすると片道10km。

まずは、北浦和駅西口の北浦和公園前からスタート。ここは埼玉大学へ続く道でもあり、別名「埼大通り」とも呼ばれている。

歩道橋から見た様子。5月上旬は青々と生い茂ったけやき並木が圧巻。

首都高速大宮線の下を通過します。この辺りはいつも渋滞している。

埼玉大学。さいたま市桜区に本部を置く国立大学。この辺りは学生らしき若い人を多く見かける。

北浦和から5kmほど走ると、荒川に差し掛かる。ここから荒川沿いの土手を南へ下ると、「彩湖」につながる。

全長859mの羽根倉橋をわたる。橋の上にはけやき並木はない。

天気の良い日は、真正面に富士山が姿を現す、富士山のビューイングスポット。

1km毎に見かけるこちらの道路標識。国道463号は越谷を起点にしており、北浦和を通って所沢につながっている。

埼玉県富士見市。日差しが強くなってきましたが、けやき並木が良い感じで日除けになる。

東武東上線を通過。ここから数百メートルのところに柳瀬川駅(志木駅の隣駅)がある。


この日は20km走る予定だったので、この辺で折り返した。

お役立ち情報

「日本一長いけやき並木」を走るなら、緑が生茂る春か、紅葉が美しい秋がおすすめ。

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉