旅ランニング|埼玉・彩湖:4.7kmの戸田マラソンコース

埼玉県

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

埼玉県戸田市にある彩湖(さいこ)の「戸田マラソンコース」を紹介します。

荒川沿いの緑地に広がり彩湖を1周するコースは1周4.7km。東京都の県境に位置し、首都圏からのアクセスしやすい割に自然を感じられる開放的なところです。

彩湖では、ほぼ毎月のように何かしらのマラソン大会が開催されています。

目次と内容

アクセス

彩湖(さいこ)は、東京都と埼玉県の県境にある人造の湖です。荒川洪水時の被害に備えた調節池として1997年に完成しました。

彩湖西側には荒川が流れ、洪水時には荒川から水を流すことで調整池としての機能を果たします。北側には「荒川彩湖公園」、東側には「彩湖・道満グリーンパーク」が広がります。

最寄りのJR西浦和駅から1kmほど歩いてアクセスでき、JR武蔵浦和駅からはバスも運行しています。園内には大型の駐車場もあるので、マイカーでアクセスする方が便利です。

以下は現地で見つけた彩湖のマップです。北側と南側には立入禁止の「自然保護ゾーン」があるため、湖づたいに1周することはできません。

彩湖でランニングをするなら1周4.7kmの「戸田マラソンコース」を走るのがおすすめです。コース上には距離表示があり、スタート・ゴール地点は東側の管理橋の近くにあります。

彩湖で開催されるマラソン大会の多くは、この戸田マラソンコースを走ります。

戸田マラソンコース

今回は彩湖の北側に位置する「荒川彩湖公園」から走り始めました。一緒に連れてきた妻と娘たちは公園の遊具で遊んだり、お弁当を食べたりして過ごしてもらいました。

コース上にはトイレや水飲み場があるので、長時間のランニングでも安心です。

彩湖の北側は小高い丘になっており、坂を上っていくと「埼玉・東京の大切な水がめ 彩湖」と書かれた看板がデカデカと掲げてあります。

彩湖には「治水」「利水」「自然保護」の3つの目的があり、中でも台風などで荒川が増水した際に一時的に水を溜め込んで洪水を防ぐ「治水」機能は、首都圏の安全にとって欠かせない存在です。

埼玉県民・東京都民の飲み水としても使われることから、彩湖では魚釣り、遊泳、モーターボートなどが禁止されています。

直線コースが多いのかと思いきや、結構クネクネした道が続きます。

しばらく走り続けると、彩湖の真ん中にかかる歩道橋、通称「管理橋」が見えてきました。

管理橋を渡って湖の反対側へ。距離表示があるので便利です。管理橋を渡った先に、戸田マラソンコースのスタート・ゴール地点があります。

こちらは管理橋からの景色。天気が良いと湖の色がエメラルドグリーンに映ります。

ここは沖縄県?と錯覚するほど美しいでしょう?埼玉県なんですけどね。

彩湖の東側、「彩湖・道満グリーンパーク」沿いのコースは、木のトンネルの下を走れるので炎天下でも涼しくて快適。しかも湖畔には芝生の小道があるので、1.5kmほどクロスカントリー走が楽しめます。

しばらく走り続けると「荒川彩湖公園」に戻ってきました。

お役立ち情報

「tomo」の自宅から彩湖までは6kmちょっと。往復して戸田マラソンコースを2周すると20km走、4周すると30km走になり、長距離走ではよくお世話になっています。

年に1〜2回はマラソン大会にも参加します。ほぼ毎月のように何かしらのレースが開催されており、気軽に参加できるのがいいですね。自宅から車で30分もかからないので、移動も楽です。

戸田マラソンコースはサイクリングも楽しめる。娘たちが小さい頃はよく自転車の練習にきました。ランニング中はサイクリストも通行するので、周囲に注意しながら走りましょう。

関連記事

#埼玉県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。