TRAVEL

彩湖「戸田マラソンコース」は、埼玉で沖縄を感じられる穴場スポット

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

9月18日の祝日は、家族を連れて荒川河川敷の「彩湖(さいこ)」に行ってきました。

埼玉県のさいたま市と戸田市の間にまたがる彩湖は、荒川洪水時の被害に備えた調節池として1997年に完成。周辺には市営の公園、アスレチック、運動場、バーベキュー広場など、大人から子供まで楽しめる施設が充実しています。

さらに、彩湖周辺には埼玉県有数のランニング・サイクリングコースがあります。今回はそのひとつである1周4.7キロの「戸田マラソンコース」を走ってきたのでレポートします。

娘と一緒にウォームアップ

今回彩湖に来たのは、長女の自転車の練習をするため。いつもマンションの狭い敷地内で練習しているので、たまには思いっきり乗って欲しいと思い、トランクに自転車を乗せて彩湖までやって来ました。

まずは自転車に乗る長女を追いかけながらウォームアップを始めます。半年前はフラついていたのに、今では安定して乗れるようになりました。こうやって娘と一緒に走れるのは嬉しいものです。

キロ6分43秒のペースで直線1キロコースを往復。さすがに娘も疲れたようです。

ウォームアップが終わると、子供たちをアスレチックで遊ばせている間にサクッと「戸田マラソンコース」を走ってきました。

彩湖の全貌

走り始める前に、彩湖の案内図をチェック。今回は彩湖の右端の「荒川彩湖公園」を起点に反時計回りで走ります。彩湖の左端は「自然保護ゾーン」で立ち入りが禁止されているため、彩湖の真ん中にかかる「管理橋」を渡り、「彩湖・道満グリーンパーク」の横を通ってスタート地点に戻ります。これが1周4.7キロの「戸田マラソンコース」です。

彩湖を1周したければ、自然保護ゾーンを迂回するために、水辺から少し外れた道を走らないとなんですね。次回は彩湖1周にチャレンジしたいと思います。

毎年11月には、ここ彩湖で「戸田マラソンin彩湖」が開催されます。関東在住のランナーなら、大会名ぐらいは聞いたことあるのでは?

戸田マラソンコース

さて、本題の「戸田マラソンコース」に戻りましょう。彩湖の一角にある「荒川彩湖公園」から走り始めます。子供たちはこの公園のアスレチックで遊んでいます。もちろん無料です。

今日は、昨日とは打って変わって30度を超す真夏日。帽子も被らず、給水ボトルも持たず、ちょっと油断していました。。幸いなことに「戸田マラソンコース」はトイレや水飲み場が充実しているので、手ぶらで走っても熱中症にならずに済みました。

小高い丘を上っていくと「埼玉・東京の大切な水がめ 彩湖」と書かれた看板を目にしました。

戸田市公式サイトによると、彩湖には「治水」「利水」「自然保護」の3つの目的があるそうです。

  • 治水:秋ヶ瀬公園と彩湖を含めたこの一帯を荒川第一調節池といいます。台風などで荒川の水が増水して危険なときに、一時的にこの調節池の中に水をため、洪水を防ぎます。
  • 利水:荒川の水が不足したときに彩湖の水を水道水として利用することにより、飲み水を安定的に確保できるようにします。
  • 自然保全:人と自然の調和のとれた利用形態をつくり、野鳥や動植物の生態環境を保全しています。

水不足の時は、彩湖から水が供給されるわけですね。

埼玉県民、東京都民の飲み水として使われる可能性があるため、彩湖では魚釣り、遊泳、モーターボートなどが禁止されています。カヌーなどガソリンを使わないボートは油漏れの心配がないのでOK。

直線コースが多いのかと思いきや、結構クネクネした道が続きます。

しばらく走り続けると、彩湖の真ん中にかかる歩道橋、通称「管理橋」が見えてきました。

こちらが管理橋です。このまま橋を渡ればいいのに、さらに水辺沿いの道を走ってみました。

長い芝生の道が続きます。途中、犬を連れた男性とすれ違っただけで、無人地帯となっています。

おっと、「この柵より先は立入禁止」です。ここから先は自然保護ゾーンなので、一般人は入れないようになっています。彩湖を1周したければ、外側の道を走るしかないですね。今回は妻と子供を待たせているので、ここで引き返します。

先ほどの管理橋まで戻り、対岸へ渡ります。所どころに距離表示があるので便利です。

管理橋からの景色。なんだか埼玉って感じがしないですね。

ほら、こことか沖縄(?)みたいな景色でしょう?

宮古島かと思いました(なんちゃって)。よーく見ると、スタンドアップパドル(SUP)をやっている人がいますね。

関連記事宮古島「与那覇前浜」で楽しむ、ほぼ貸切りのビーチラン

炎天下を走るのは辛かったですが、「彩湖・道満グリーンパーク」側は、このように木のトンネルの下を走れるので快適です。日陰だと体感温度が10度くらい違います。

トンネルの中はこんな感じです。

スタート地点の「荒川彩湖公園」に戻ってきました。走行距離は6.8キロ。真夏日だったのでキロ4分54秒のペースでもバテバテでした。。

最後に少しだけ子供たちと一緒に遊んでから家に戻りました。

まとめ

彩湖でランナーに人気の「戸田マラソンコース」を紹介しました。1周4.7キロ。水辺のフラットな道を走りながら、自然を身近に感じられる素敵なコースでした。

先日ブログで紹介したStravaの「区間」にも登録されています。

関連記事グーグルより便利。Strava(ストラバ)で近所の人気ランニングコースを探す方法

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

TRAVEL

旅ランのカテゴリへようこそ!旅するとと、走ることが大好きな tomo.です。旅行や仕事で訪れた街を走ったり、自ら準備・企画して秘境の地を走ったりと、旅ランをライフワークにしています。そんなランナーだからこそ見える旅の風景をお届けすると同時に、旅先で見つけた面白いものも紹介していきます。

TRAVEL の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。

夜でも高画質!「Sony XPERIA X Compact」カメラ性能をレビュー|
埼玉が世界に誇る「ぎょうざの満州」。おすすめは水餃子|
埼玉の奥地で見つけた”進化系”日帰り温泉「おふろ cafe 白寿の湯」|
【さいたま国際マラソン】娘と一緒に人生初の「親子ラン」デビュー!|
【さいたま国際マラソン】ランナーの応援はJR京浜東北線の「北浦和駅」がおすすめ|
駅伝、クリテウム、マラソン。11月は埼玉でスポーツイベントが目白押し!|
【レビュー】JINSナイトラン仕様のスポーツメガネで夜道を走ってみた|