旅ランニング|さいたま新都心:おすすめコース6選

さいたま新都心駅から半径2km以内のおすすめコースを紹介。僕は北浦和に住んでいるが、週に2〜3回は新都心エリアを走っている。

購入ガイド

散歩の達人 2022年 03月号」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

さいたま新都心公園(東口)

さいたま新都心駅東口から徒歩5分の「さいたま新都心公園」は、再開発エリアの中心に位置する。

園内には1周280mのジョギングコースがある。きれいな公衆トイレと水飲み場があるのもランナーには嬉しいポイント。

また周辺のシントシティ、造幣さいたま博物館、大宮警察署、しまむら本社は区画が大きいため、周回コースに適している。

さらに、エリア全域が夜間でも明るいため、夜ランでも安心して走れる。

夜間にスピード練習をやる時は、いつもここを走っている。

アクセス

氷川参道(東口)

埼玉県有数のパワースポットとして知られる「大宮氷川神社」。その神社へ向かう参道口が、さいたま新都心駅東口から500m北にある。

氷川参道は約2kmの直線コース。途中、信号待ちの横断歩道が3箇所あるが、往復すれば「神社ラン」も出来てしまう。

今日は気分がアガらないな…という日は、お賽銭を握りしめて氷川参道を目指そう。

アクセス

見沼田んぼ(東口)

さいたま新都心は都会のイメージが強いが、駅東口から東へ10分走るだけで自然豊かな「見沼田んぼ」にアクセスできる。

おすすめは、見沼田んぼの真ん中を流れる「芝川」沿いの遊歩道。特に天気の良い日は開放感が抜群で、延々と走り続けたくなる。

芝川の西側を流れる「見沼代用水(西縁)」もおすすめだ。北は上尾方面、南は川口方面まで走って行ける。

アクセス

さいたまスーパーアリーナ(西口)

さいたま新都心の象徴的存在である「さいたまスーパーアリーナ」は、1周すると約1km。地元民に人気の周回コースだ。

夜間でも明るく、18〜20時台は仕事終わりに走るランナーをよく見かける。

以前は「さいたま国際マラソン」のスタート・ゴール地点としても使われていた。

アクセス

上落合(西口)

さいたま新都心駅の西側にある「上落合」エリアは、閑静な住宅街が広がる。

おすすめは、ヘブンズロックさいたま新都心→国道17号線→上落合交番→エネオス大宮桜木町→与野中央通り→マルエツ与野店の1周約2km周回コース。

日没前に行くと、美しい夕日に心を奪われる。途中、上落合公園の公衆トイレや水飲み場で休憩できるのもランナーとしては嬉しいポイントだ。

アクセス

けやき広場(西口)

さいたま新都心駅の西口エリアは「けやき広場」を中心に、ペデストリアンデッキが整備されている。

東口と行き来できるだけでなく、西は北与野駅、北は「さいたまスーパーアリーナ」から南は「さいたま新都心郵便局」までつながっている。

ペデストリアンデッキを使えば、さいたま新都心エリアのランニングコースを組み合わせられるし、アップダウンの練習にもなる。

冬は「けやき広場」一帯がイルミネーションで彩られる。これを目当てにわざわざ走りに行くことも多い。

アクセス

結論:ペデストリアンデッキを使いこなせ

さいたま新都心駅周辺は区画が大きく、落ち着いて走れる場所が多い。

しかし区画間の移動は信号待ちが長く、さらに西と東は線路で分断されている。

そこで役立つのが、東西南北に広がるペデストリアンデッキ。これを制するものが、さいたま新都心のランニングコースを制する。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

散歩の達人 2022年 03月号」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。