旅ランニング|笹目川:武蔵浦和〜荒川の5kmランニングコース

交通量が少なく、落ち着いて走れる穴場的なランニングコース。武蔵浦和エリアから荒川土手や戸田漕艇場に抜ける最適なルートだ。

購入ガイド

いちばん楽しいマンションの間取り図鑑」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

笹目川とは?

笹目川(ささめがわ)は、埼玉県南部のさいたま市〜戸田市を流れる全長約5kmの一級河川。

川の両サイドには歩道が整備されており、武蔵浦和エリアから荒川に抜ける遊歩道として活用できる。一部区間は、歩道の内側の不整地も走れる。

幹線道路からも逸れているため、交通量が少なく、横断歩道・信号待ちが少ないのもランナーに嬉しいポイントだ。

アクセス

笹目川の起点はJR武蔵浦和駅から東へ徒歩5分ほど。「セレモニー武蔵浦和ホール」が目印となる。

アクセスのしやすさを重視するなら武蔵浦和駅の隣のJR北戸田駅が押すすめ。駅を出てすぐに走り始められる。

終着点は荒川と合流する「笹目水門」。すぐ隣に「ボートレース戸田」と「戸田漕艇場」がある。最寄駅は地下鉄都営三田線の終点・西高島平駅。

全長5kmのコース

笹目川の全長は約5km。以下は武蔵浦和から笹目水門までのルートをストラバで記録したもの。

武蔵浦和駅

笹目川の起点は武蔵浦和駅から少し離れた「セレモニー武蔵浦和ホール」の隣にある。

川幅はそこそこあるが、水量は多くない。両サイドの歩道だけでなく、内側の不整地も走ることができる。

歩道は、人が2人並んで通れるくらいの幅しかない。週末は散歩している人が多いので、ここを走るのはやや危険。

歩道の内側の不整地はほとんど人がいないのでランニングするならこちらがおすすめ。ちょっとしたクロカン気分も楽しめる。

途中、外環自動車道をまたぐ。陸橋があるので安心だ。

外環自動車道を越えると、埼玉県戸田市に入る。

北戸田駅

外環自動車道の先で大宮方面から都内へ向かうJR埼京線・東北新幹線と合流する。

埼京線・北戸田駅の下を通過して荒川を目指す。北戸田駅周辺は歩道が広々としていて走りやすい。

荒川に近づくにつれて周囲が住宅地から工業地に様変わりする。

親水公園

荒川まであと1kmのところで「親水公園」に差し掛かる。園内に笹目川周辺の地図を発見。

水飲み場も見つけたので水分補給をしておいた。

横断歩道を渡ると、左手に「ボートレース戸田」と「戸田漕艇場」が見える。

笹目水門

そのまま直進して土手に上ると終着点の笹目水門に到着。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

いちばん楽しいマンションの間取り図鑑」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。