東日本大震災復興支援ラン:結果は19分24秒(2016年・5km)

2016年11月23日に開催された「東日本大震災復興支援ラン」の皇居大会に参加してきた。

最後の秘境 皇居の歩き方

皇居は「ランナーの聖地」として日本で人気のランニングコースの中でも別格の存在。都心のど真ん中に位置し、1周5kmで程よいアップダウンのあるコース。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

東日本大震災復興支援ランとは?

「東日本大震災復興支援ラン」は、その名のとおり、被災地の復興支援を目的としたマラソン大会。参加費の一部が被災地への寄付金に充てられるため、ランナーにとっては、ささやかながら復興支援に貢献できるのが嬉しい。

皇居大会は毎月行われており今回で69回目の開催となる。応援する県が毎回異なり、今回は福島県を応援する大会だった。

  • 11月23日 福島県 応援大会 第69回
  • 12月04日 岩手県 応援大会 第70回
  • 03月21日 宮城県 応援大会 第71回
  • 03月18日 福島県 応援大会 第72回
  • 03月11日 岩手県 応援大会 第73回

いい意味で手作り感あふれる大会だった。アスファルトに水を垂らしてスタートラインを描き、計測はチップではなくストップウォッチで。受付でも必要最低限のものだけを配布。

一方で、1km毎に距離表示板を持つスタッフや、歩行者の誘導を行うスタッフを配置しており、ランナー目線でよく考えられていた。

皇居大会の種目は、5km、10km、15km(個人・リレー)から選べる。今回は自分がオフシーズン中ということもあり、負荷の少ない5kmの部に出場した。ちょうど皇居を1周するコース。 

スタートライン

朝9時前に皇居の桜田門付近で受付を済ませ、ナンバーカード、ドリンク、コースマップを受け取る。

xxxx

さすが「ランナーの聖地」と言われるだけあって、早朝なのにものすごい数のランナー。「東日本大震災復興支援ラン」とは別の大会も開催されていた模様。

9時過ぎから出場者が集まり、ウォームアップを行う。集団で柔軟体操するのって結構楽しい!そしてスタート前には恒例の記念撮影

xxxx

レース実況

9時30分に15kmの部のランナーが走り始め、その5分後に5kmと10kmの部がスタートする。

スタートして間もなく先頭集団に入る。出場者数が少ない上、10kmの部のランナーも混じっているので、僕みたいなランナーでも上位入賞が狙える。

今回は紅葉で色づく皇居の写真を撮りながら気楽に走るつもりだったが、ランナー魂に火が付いてしまい、結局、全力で5キロを走り切った。

桜田門から反時計回りで走るので、スタート~1kmはフラット、1km~3kmは上り坂、3~5kmは下り坂となる。3kmを過ぎれば残りは下り坂なので、後半から楽になるレース展開だった。

ゴールの後で

ゴール直後に完走証を受け取る。タイムは、後日ホームページで発表されたものを自分で記入できるようになっている。

xxxx

5kmのタイムトライアルはなかなか一人ではできないので、こういう大会を活用するのもいいな。

帰り道は桜田門から東京駅まで歩いた。

xxxx

結果は19分24秒

ガーミンの計測によると、完走タイムは19分24秒だった。参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

最後の秘境 皇居の歩き方

皇居は「ランナーの聖地」として日本で人気のランニングコースの中でも別格の存在。都心のど真ん中に位置し、1周5kmで程よいアップダウンのあるコース。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >