わっかない平和マラソン遠征記:結果は3時間7分56秒(2019年/フル)

2019年9月1日に北海道稚内市で開催された「日本最北端わっかない平和マラソン」を走ってきた。

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT

今回のレースで履いたランニングシューズは、ナイキの「ズーム フライ フライニット」。最先端のクッショニング技術を搭載したナイキの最速級マラソンシューズだ。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「日本最北端わっかない平和マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年9月に北海道稚内市で開催(2018年初開催)
  • 種目は2km・5km・8km・フルマラソン
  • フルマラソンは日本最北端の地をめぐるコース
  • 最寄空港は「稚内空港」、最寄駅は日本最北端の駅「稚内駅」

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

日本最北端の地をめぐるマラソン

フルマラソンの部は、日本最北端の地と知られる「宗谷岬」からスタートする。そこから通称オホーツクライン(国道238号)を通って稚内を目指す。ライダーでない限り、日本最北端を訪れる機会はあまりないだろう。

遠征日程

埼玉県の自宅から「日本最北端わっかない平和マラソン」に参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日は稚内市内で前泊した。

2019年8月31日(土)レース前日

今回はレース前日に北海道入りして、稚内市内で前泊した。羽田空港→稚内空港はANA便を利用。北海道最北端までのフライトは2時間弱。

ナンバーカードなどの参加キットは事前に郵送で受け取っているので大会受付の必要はない。現地では市内〜ノシャップ岬を観光しながらのんびり過ごした。

2019年9月1日(日)レース当日

宿は稚内駅から徒歩15分の「ホテル喜登」。レース当日の日程は以下のとおり。

  • 04:45 起床
  • 05:15 朝食
  • 06:45 無料シャトルで稚内駅を出発
  • 07:30 大会会場に到着
  • 08:30 スタートブロックに整列
  • 09:00 スタート
  • 12:08 フィニッシュ
  • 12:30 大会会場でシャワー
  • 13:00 稚内駅に到着

ホテルから稚内駅までは歩いて向かい、稚内駅から大会専用の無料シャトルバスに乗ってスタート会場の宗谷岬を目指した。

完走した後は、稚内駅から稚内空港へ向かい、ANAの最終便で羽田に戻った。結構ハードなスケジュールだが、月曜日は仕事があるのでしかたがない。

スタートライン

無料シャトルバス

スタート会場行きの無料シャトルバスは、稚内駅と南稚内駅から出発する。稚内駅近くのゴール会場には更衣室・荷物預け入れ場所がある。荷物はここで預けても、スタート地点で預けてもOK。

シャトルバスは満席になると順次出発する。

宗谷岬を目指す途中に丘陵地帯を通過する。観光も出来て一石二鳥だ。40分ほどでスタート地点に到着する。

荷物預け入れ

荷物はナンバーカードを見せてスタッフに手渡しする。ゴール会場のある稚内駅まで運んでくれるので、先ほど直接預けてもよかった。

宗谷岬周辺を観光

スタートまで1時間ちょっとあるので、宗谷岬周辺を散策してきた。意外と見どころが多くて驚いた。

祈りの塔。1983年の大韓航空襲撃事件の犠牲者のために建てられたオベリスク。

旧海軍望楼。宗谷海峡を監視するために1902年に建てられたもの。

日本最北端の地の碑。実物を見るのは初めて。遠方にサハリンがうっすらと見える。

間宮林蔵の立像。伊能敬忠の日本地図の作成事業を引き継ぎ、地図作成に貢献した偉人。1809年には間宮海峡を発見し、サハリン(樺太)が島であることを確認している。

日本最北端の公衆トイレ。せっかくなので用を足してきた。

ウォームアップ

ウォームアップがてら、宗谷岬近くの漁港まで走ってきた。日本最北端の堤防には釣り人が多くて驚いた。

漁港の隣にある「てっぺんドーム」で「くじらくん」という面白いオブジェを発見。

別名「高波警報装置」と呼ばれ、波が2mくらいの高さになると垂直管から海水が吹き出す仕組みになっている。

スタートラインに整列

スタート30分前になると周辺の道路が封鎖され、日本最北端の碑の前にスタートラインが設置された。

スタートブロックは先頭から2番目の「B」。2番目とはいえ、スタート直後のタイムロスはたったの4秒で誤差の範囲。

スタートブロックで待機していたら「ともらん、読んでます」と読者の方が声をかけて下さった。お互いこれまで走ったレースに話が弾み、楽しいひと時を過ごすことができた。

コース攻略

「日本最北端わっかない平和マラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • 日本最北端の地「宗谷岬」からスタート
  • 稚内に向かって海岸沿いのオホーツクラインを走る
  • 18km〜22km地点は起伏のある内陸部を往復する
  • 37kmあたりでゴール地点の「稚内港北防波堤ドーム」を通過
  • ラスト5kmは「ノシャップ岬」まで往復する

以下は大会パンフレットに載っていたフルマラソンのコースマップ。

基本的に海岸沿いを走るので風の影響をモロに受ける。この日は終始向かい風で苦労した。しかも9月の割には気温も高かった。

スタート〜10km

特に混雑もなくスタート。6kmまではウォームアップを兼ねて目標ペースの4:25/kmで巡航した。すると数十m先にサブ3のペーサーと集団を発見。調子が良かったので、張り付いていくことにした。

このあたりは海岸線と丘陵地帯の眺めが美しい。しかし海からの風を遮るものがないので、向かい風で体力を消耗していった。

10km〜20km

一直線の道路はドライブするには最高だが、マラソンで走るには最悪だ。永遠に終わりがないように見えて、精神的にもツラい。さらに雲行きも怪しくなってきた。

14km地点を1時間以内で通過。ここまではサブ3ペースを維持しているが、かなり体力を消耗している。

18kmあたりで左折し、海沿いの道路から離れて内陸部を往復します。アップダウンもあり、気分転換にちょうど良かった。

ここで先頭を走る川内優輝さんとすれ違った。「頑張ってください〜!」と声をかけたら、苦しそうな表情で会釈してくださった。

20km〜30km

20km付近で、いきなり土砂降り。にわか雨というやつなのか、大粒の雨でびしょ濡れ。

ハーフ地点(21.1km)を通過した時はすでに晴天だった。まあ身体をクールダウンするためのシャワーだったと思えばいいか。

再び海岸沿いに戻る。サブ3集団は数百m先まで離れてしまった。もう追いつくのは無理。

向かい風と暑さにやられてどんどん失速していく。それでも沿道の応援に励まされ、腕振りを意識してこれ以上ペースダウンしないように踏ん張った。

30km地点では、ペースが4:20/kmから4:35/kmまで落ちていた。

30km〜40km

市街地に近づいても向かい風は弱まる気配を見せない。緩やかに4:45/kmぐらいまでペースダウンしていく。

それでも歩かずに頑張れたのは沿道の応援のおかげ。本当に感謝している。僕もなるべく手を振るように努力した。

37kmを過ぎるとゴールの「稚内港北防波堤ドーム」が見える。道路案内を見ると、右が「稚内港北防波堤ドーム」、左が「ノシャップ岬」。このままゴールしたい気分だが、ノシャップ岬方面を目指す。ちなみに標識は日英露の三カ国語で書かれていた。

ラスト5kmはペースが5:00/kmまで落ちてきたが、ノシャップ岬の折り返し地点からは気合を入れてペースアップを図った。

40km〜ゴール

ラスト2kmはガムシャラに走っていたのでほとんど記憶がないが、ゴール目前の直線コースでは「稚内港北防波堤ドーム」に圧倒された。

ランナー同士の間隔が大きいからか、わざわざフィニッシュテープを用意してくれたのは嬉しかった。

「稚内港北防波堤ドーム」の前で記念撮影。

ゴールの後で

「日本最北端わっかない平和マラソン」の完走タイムは、ネットで3時間7分56秒、グロスで3時間8分1秒だった。

暑さを見越して設定ペースを4:25/kmにしたのに、途中から欲を出してサブ3ペーサーを追いかけたのが良くなかった。

「東京マラソン2019」でサブ3を達成したとはいえ、自分はまだ真夏にサブ3を走れる体力がなかったのだ。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

本日の戦利品

ドリンク類は、アクエリアス・稚内牛乳(飲むヨーグルト)・コカコーラと超豪華。

記録証は即時発行。完走メダルは、宗谷岬の「日本最北端の碑」がモチーフになったデザインでかっこいい。

参加賞のシャツとスポーツタオルもいただいた。

シャワー

ゴール会場付近にある温水プールの更衣室・シャワーが参加者に開放されている。本当はゆっくり温泉に浸かりたかったのだが、帰りの飛行機の時間に間に合わなくなるため、水シャワーで汗を流した。

ご当地グルメ

ゴール会場には稚内の美味しそうなグルメがたくさん用意されていたが、食欲がまったく湧かず、残念ながら今回はパス。

でもレース前日にノシャップ岬で食べたウニ丼は最高だった。これぞ究極のご当地グルメだ。本当にフルマラソンの前日にウニなんか食べちゃいけないんだけど。

稚内空港へ

シャワーを浴びた後は稚内駅に戻り、バスで稚内空港へ向かい、最終便で羽田空港に向かった。

シューズ・装備類

今回のレースで使用したシューズ・ウェア・ギア・エイドは以下のとおり。

シューズナイキ ズーム フライ フライニット
ソックスCW-X 5本指ショートソックス
ボトムスパタゴニア Strider Pro Shorts
トップス「上尾シティマラソン2018」のTシャツ
キャップOn Lightweight Cap
ウエストポーチサロモン アジャイル250
エイド(レース前)モルテンドリンク Drink Mix 320(1袋)
エイド(レース中)ピットイン エナジージェル(3本)

レースではナイキの最速級マラソンシューズ「ズーム フライ フライニット」を着用した。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT

今回のレースで履いたランニングシューズは、ナイキの「ズーム フライ フライニット」。最先端のクッショニング技術を搭載したナイキの最速級マラソンシューズだ。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >