軽井沢で日帰り登山・トレイルするなら、離山(はなれやま)がおすすめ

軽井沢で日帰り登山・トレイルするなら、離山(はなれやま)がおすすめ|ともらん


作成| 更新

週末は長野県の軽井沢に滞在しています。12月初旬ということで極寒の気候を覚悟して分厚いダウンジャケットを着て来ましたが、夕方でも外は2度と思ったほど寒くありません。

さて、今回は中軽井沢の近くにある離山(はなれやま)という山まで走りに行き、頂上を目指して登山道を往復して来ました。山といっても高さ200メートル程度なので、気軽にハイキングやトレイルランニングが楽しめます。軽井沢駅からも中軽井沢駅(しなの鉄道線)からもアクセスは良好。

冬場は厳しいかもしれませんが、春〜秋にかけて登ってみてはいかがでしょう。頂上からは浅間山と軽井沢町が一望できますよ。

離山とは

離山(はなれやま)は長野県軽井沢町にある高さ200メートルほどの小山です。ちょうど軽井沢駅と中軽井沢駅の間に位置し、旧中山道を走っていると北側にボコッと盛り上がった地形が見えます。

別の日に「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」から見た離山。

ググってみても、それほど詳しい情報は出てこないですね。

離山ーー軽井沢駅と中軽井沢駅のほぼ中間に位置する標高1256mの離山。頂上が平らなためテーブルマウンテンとも呼ばれている。登山コースは傾斜もゆるやかで四季折々の草花を愉しみながら約1時間で頂上までたどりつける。(軽井沢ネット

離山(軽井沢町離山)ーー山頂にある展望台からは、間近にそびえる雄大な浅間山をはじめ、八ヶ岳や美ヶ原などが見渡せます。また、軽井沢別荘生誕百年の記念碑が建つ東展望台からは、妙義山などの眺めが楽しめます。アクセス:軽井沢駅から登山道入口まで車で約10分。登山口まで徒歩で約30分(JA佐久浅間

標高は1256メートルですが、軽井沢町の標高が1000メートルぐらいあるので、比高(相対的な高さ)は200メートルほど。登山道が整備されているので、30分〜1時間で山頂までたどり着けます。

離山へのアクセス

こちらが離山の案内図。頂上へは東口登山道と南口登山道の2つのルートがあります。今回は南口登山道から入りました。入口は旧中山道沿いの「市村記念館」付近なので、軽井沢駅・中軽井沢駅からのアクセスは良好です。