tomo.run

【軽井沢・雲場池でランニング】1周1050m。観光客が少ない時間帯が狙い目 【軽井沢・雲場池でランニング】1周1050m。観光客が少ない時間帯が狙い目 【軽井沢・雲場池でランニング】1周1050m。観光客が少ない時間帯が狙い目 【軽井沢・雲場池でランニング】1周1050m。観光客が少ない時間帯が狙い目

【軽井沢・雲場池でランニング】1周1050m。観光客が少ない時間帯が狙い目

長野県の旧軽井沢にある雲場池(くもばいけ)を走ってきたので紹介します。1周1050mと550mの遊歩道が整備されており、四季折々の自然を楽しみながら散策できます。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

雲場池とは?

雲場池(くもばいけ)の特徴は次のとおりです。

  • 長野県の旧軽井沢にある池
  • 春の新緑と秋の紅葉が観光客に人気
  • 1周550m・1050mの遊歩道が整備されている

雲場池の所在地は、長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢。古くから別荘地のある「旧軽井沢」エリアに属し、地元住民だけでなく観光客にも人気のスポットです。特に秋は湖面に映る紅葉が美しく、多くの観光客で賑わいます。

雲場池には専用のランニングコースはありませんが、池の周りを巡る1周550mと1050mの遊歩道が整備されています。人が少ない時間帯を狙えば周囲に迷惑をかけずにランニングが楽しめます。

アクセス

雲場池はJR軽井沢駅から北西へ1kmほど離れた場所にあります。駅北口の軽井沢本通りを北上し、途中で雲場池通りに入って直進すれば、徒歩20分ほどで到着します。走れば10分もかかりません。

ランニングコース

今回は「軽井沢ハーフマラソン2024」を走るついでに雲場池まで走り、1050mコースを反時計回りで1周してきました。以下は2024年5月18日の記録です。

雲場池の遊歩道は道幅が狭いため、観光客で混雑してい時は走るのをやめましょう。今回、雲場池を訪れたのは土曜日の16時台。意外にも観光客が少なく、1周する間にすれ違ったのは2組だけでした。

雲場池の南側から走り始めます。ちょっとした広場になっており、展望デッキでは観光客が写真撮影を楽しんでいました。池の周囲は木々で覆われており、遊歩道がほぼ見えない状態です。

実際に走ってみると、まるで木のトンネルの中を駆け抜けているような感覚。時折、隙間から雲場池が姿を現します。

途中、アスレチックのような木造の橋があります。こちらを渡るとショートカットでき、550mコースになります。

1050mコースの北側では、いったん道路に出て、再び散策路に戻ります。

雲場池の西側の遊歩道の方が道幅が少し広くなっていますね。とはいえ大人二人が並んで歩くのがやっとです。もしランニング中にすれ違うことがあれば、走るのを中断しましょう。

関連記事

2024年5月19日に開催された「軽井沢ハーフマラソン2024」を走ってきました。17km地点で日本長距離陸上界のレジェンドの大迫傑さんに遭遇。ラスト4kmは大迫さんと一緒に走れる幸運に恵まれました。

2016年10月22日に参加した「碓氷峠ラン184」の大会レポートをお届けします。 種目はハーフマラソン。軽井沢近くの「碓氷峠」を舞台に、前半下り・後半上りのコースです。高低差が約400mあり、苦しまずには走りきれません。 坂が苦手な方は、翌日に開催される「軽井沢リゾートマラ

長野県の軽井沢駅と中軽井沢駅の間にある「離山(はなれやま)」でトレイルランニングしてきたので紹介します。 国道18号沿いにある南口登山道の登山口から山頂までの距離は2.2km。標高差は200m程度なので、1時間もあれば走って往復できます。 軽井沢を拠点とした日帰りの旅ランにも

ランナー目線で「軽井沢ショッピングプラザ」の楽しみ方を紹介します。開店前にジョギングしながらアウトレット店を視察し、開店後にランニングシューズやウェアの掘り出し物を探すのがおすすめです。

長野県の「南軽井沢エリア」を旅ランしてきたので紹介します。 軽井沢駅・中軽井沢駅の南側に宿泊される方におすすめのランニングコースです。 軽井沢駅から南へ4km。ゴルフ場の多いエリアですが、西側には軽井沢タリアセンや風越公園などがあります。 また今回初めて知ったのですが「あさ