レース攻略|信州安曇野ハーフマラソン2022:1時間24分48秒

長野県

2022年6月5日に長野県安曇野市で開催された「信州安曇野ハーフマラソン」の様子を紹介する。

購入ガイド

FERRY 偏光レンズ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

この記事の目次

信州安曇野ハーフマラソンとは?

信州安曇野ハーフマラソンの特徴は以下のとおり。

  • 毎年5月に長野県安曇野市で開催
  • 種目はハーフ・2km(ファミリーラン)
  • スタート・ゴールは豊科南部総合公園

最新の情報は公式サイトでチェックしよう。

安曇野市で開催

安曇野市は長野県中部に位置する。この辺りはアルプスの天然水が豊富に湧き出て、飲料水や稲作、ワサビ栽培などに利用されている。

カラッとした暑さ

安曇野は盆地なので6月上旬ともなれば最高気温は25〜30℃まで上昇する。レース当日も晴天で27℃に達したが、湿度が低く、カラッとしているため汗をかかない。初夏のランニングには悪くない環境だ。

スタートラインへ

今回は埼玉県の自宅から参加するため、レース前日に現地入りした。そして妻と娘も一緒に連れて行った。

レース前日

  • 12:49 大宮駅発
  • 14:53 松本駅着
  • 15:00 ホテルにチェックイン
  • 15:30 松本市内を旅ラン

先週末の「山中湖ロードレース」は、埼玉から山梨まで車で向かった。往路は2時間ちょっとしかかからなかったが、復路は渋滞に巻き込まれて4時間も要した。

レースの後に4時間運転するのは流石にキツい。安曇野だと山梨よりも遠いので渋滞に巻き込まれたら5〜6時間じゃ済まないかもしれない。

そこで今回は電車で向かうことにした。大宮から長野までは北陸新幹線、長野から松本までは特急「しなの」を利用。所要時間は約2時間。運転と違って乗車中はのんびりできる。

松本駅徒歩5分のホテルに前泊し、夕方から松本市内をジョギングしてきた。

レース当日

  • 06:00 起床
  • 06:30 朝食
  • 07:00 ホテルを出発
  • 07:15 松本駅発
  • 07:34 中萱駅着
  • 07:45 会場着
  • 08:30 ハーフの部スタート
  • 09:54 フィニッシュ

レース当日は、電車でスタート・ゴール会場のある「豊科南部総合公園」へ向かった。

中萱駅から会場入り

松本駅からJR大糸線に乗り、会場最寄駅の中萱で下車。中萱は「なかがや」と読む。駅から会場までは1.5kmほど。

豊科南部総合公園

ジョグとウォークを織り交ぜて10分ほどで会場に到着した。会場内は参加Tシャツを着た人で溢れ、緑一色だった。

会場までは、JR大糸線・豊科駅とJR篠ノ井線・田沢駅、専用駐車場から大会専用の無料シャトルバスが運行している。松本駅からだといずれも遠回りになることから、今回はあえて中萱駅からアクセスすることを選んだ。

参加キットは事前送付

前日・当日受付はなし。アスリートビブスや荷物預け入れ袋などは自宅に郵送される。

新型コロナウィルス対策

体調チェックシートの他、抗原検査・PC検査の陰性証明書を提示しないと出走できない。抗原検査は金曜日に地元の薬局で実施してきた。

荷物預け入れは無料

荷物預け入れは無料。参加キットの同梱されていたビニール袋に専用のシールを貼り、荷物置き場のテントに預ける方式だ。

トイレ

会場には仮設トイレが数多く設置されていて助かる。特に男性用は「小」専用もあるので、長蛇の列に並ばなくて済む。

スタートライン

スタートはブロックに分かれており、8時15分までに整列する。以降は最後尾からのスタートとなる。今回は先頭Aブロック後方からのスタート。ロスタイムは27秒だった。

レース攻略

ここからは「信州安曇野ハーフマラソン」を走る様子を紹介したい。

コースマップ

ハーフマラソンの部は、豊科南部総合公園でスタート・フィニッシュする。全体的にフラットなコースだが、起伏が全くないわけではない。JR大糸線を横断する時(3km・16km付近)と堀金エリア(9km付近)は坂道がある。以下は大会パンフレットに載っていたコースマップ。

スタート〜中間地点

スタートから中間地点までは北西に向かって走るため、前方には北アルプスの山々が見える。

JR大糸線を横断する陸橋の手前。この先にちょっとしたアップダウンがある。

JR大糸線の西側に来ると、田んぼ道を直進する。6月上旬なのになぜ黄金色に輝いているのか?不思議に思って凝視すると、こちらは麦畑だった。

以下はアルプホルンを演奏するお姉たち。この他にも和太鼓や笛による熱い声援があった。

5km付近。用水路沿いの道を北アルプスに向かって走る。爽快。

再び田んぼ道へ。こちらは稲の田植えが終わったところだろうか。

9km付近。ちょっとした上り坂になっている。

住宅街の中で10km地点を通過。

それから用水路沿いの道に出て往復する。以下は中間地点。

中間地点〜ゴール

11km地点の先で折り返し、用水路沿いの道を再び走る。

14km地点。田んぼ道の真ん中を駆け抜ける。

一般道に出て豊科駅方面を目指す。左手にはロケットみたいな巨大タワーが立っていた。気になって後で調べてみたら「KDDI長野ネットワークセンター」の電波塔らしい。

JR大糸線の東側に戻ると、市街地を往復する。17km付近。

ラスト4kmは直線コースが多く、とても長く感じる。以下は最後の直線コース。

スタートライン兼フィニッシュライン。

結果は1時間24分48秒

完走タイムはグロスで1時間24分48秒、ネットで1時間24分21秒だった。今回はタイムを狙わずに「90分切れたらいいな」という気持ちで参戦したので満足いく結果だった。

平均ペースは4:00/km。7km〜14kmは3:55〜3:50/kmで無理なく走れたのは意外だった。それ以外の区間は4:00〜4:05/km。レース全体を通して「苦しい!」と感じる場面はなかった。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

ゴールの後で

フィニッシュラインを越えると、豊科南部総合公園の敷地内に入り、完走賞を受け取る。

参加賞とご褒美グルメ

大会オリジナルのトートバッグを受け取ると、中にはマスク、白米750g、スポーツドリンク500mlが入っていた。

他にも、おむすび、ミニトマト(ネギ味噌付)、パン、塩タブレットをいただいた。おむすびはネギ味噌に付けて食べると美味しい。

市内観光

走り終えた後は、レース前に預けた荷物を受け取り、ジョギングしながら中萱駅へ向かった。9時54分に走り終えて、会場から1.5km離れた中萱駅で10時20分の電車に乗らないといけない。これを逃すと1時間近く待つことになる。

  • 10:20 中萱駅発
  • 10:40 松本駅着
  • 11:30 松本市内を観光
  • 15:06 松本駅発
  • 17:09 大宮駅着

11時前には家族が待つホテルに戻ることができた。今回は12時までのレイトチェックアウトプランを利用したので、シャワーを浴びる時間は十分あった。

その後、家族を連れて松本市美術館→中町通り→なわて通り→松本城を観光してきた。

レースの準備と装備品

今回は「黒部名水マラソン2022」の2週間後、「山中湖ロードレース」の翌週となるため、リカバリージョグがメインの練習を行った。

レース前の水曜日にはペース走を試みるが、左ふくらはぎに痛みを感じたため中断。その後しっかりケアした甲斐あってか、レースでは痛みは感じなかった。

宿は「御宿 野乃松本」

今回は2022年4月にオープンしたばかりの「天然温泉 あづみの湯 御宿 野乃松本」に宿泊した。僕の大好きなドーミーインと同じ系列で、畳敷きの旅館をコンセプトにしたブランドだ。

大人2人と小学生2人は添い寝、朝食付きの12時レイトチェックアウトのプランで税込35,000円。レースの後にシャワーを浴びれて、家族もゆっくり過ごせるのは有難い。

シューズは「メタスピードスカイ」

アシックスの「メタスピードスカイ」はフル・ハーフマラソンの頼れる相棒。4月の「かすみがうらマラソン2022」ではフル自己ベスト更新に貢献してくれた。

ランニングウォッチは「PACE 2」

軽さ重視でカロスの「PACE 2」を使用した。最近は練習ではガーミンかApple Watch、レースではカロス一択だ。

ランニングキャップは「エアシェッド キャップ」

軽量性と通気性に優れたパタゴニアのランニングキャップ「エアシェッド キャップ」。炎天下のランニングで使用しても涼しくて快適。しかも汗や臭い対策はバッチリ。

サングラスは「FERRY」

サングラスはAmazonで購入した「FERRY偏光レンズ」。2本入りで定価2,480円だがモノはしっかりしている。

アウトドアシーン別に5種類のレンズが交換でき、今回はランニング・サイクリングに最適なブルー系のレンズを使用。冬はスキーでも重宝した。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

FERRY 偏光レンズ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

2021年4月に発売されたMETASPEED SKY (メタスピード スカイ)は、アシックスのトップアスリート向けのランニングシューズ。カーボンプレートを搭載し、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるようにしている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ASICS METASPEED SKY」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2020年11月に発売されたCOROS PACE 2(カロス ペース 2)は、ランニングウォッチの新興ブランド「COROS」のエントリーモデル。重さわずか29gでランニングウォッチとしては世界最軽量。腕に装着するだけで距離・高度・ピッチ・ストライド・心拍数などが計測できる。実際に使ってみて気づいた点を紹介する。

COROS PACE 2」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

パタゴニアのランニングキャップ「エアシェッド キャップ」を紹介します。軽くて丈夫で通気性に優れ、額の汗をしっかり捉えてくれます。アラフォーになると加齢臭が気になりますが、パタゴニア独自のハイキュ・ピュア防臭加工済みのおかげで、こちらは汗をかいても臭いが気になりません。

パタゴニア エアシェッド キャップ」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

フレーム2本とレンズ5枚のセット。ランニングやサイクリング、ゴルフやスキーなど利用シーンに合わせてレンズが交換できる。これで税込2480円。

FERRY 偏光レンズ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#長野県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。