ビーナスラインの走り方:白樺湖〜蓼科湖の14km峠走ランニングコース

長野県の観光道路「ビーナスライン」をランニングしてきた。今回は白樺湖から出発し、標高1760mの「スズラン峠」や蓼科高原が一望できる「女の神展望台」を経て、蓼科湖まで14kmの道のりを紹介する。

ノースフェイス ゴアテックスキャップ NN41913

蓼科高原のハイキングやランニングにおすすめなのが、ノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」。完全防水仕様なので、突然雨が降っても安心。

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

ビーナスラインとは?

ビーナスラインの特徴は以下のとおり。

  • 長野県の茅野市〜上田市を結ぶ全長76kmの観光道路
  • 蓼科高原や白樺湖、美ヶ原高原などの観光地を巡る
  • 標高は800m(茅野市)〜2000m(美ヶ原高原)

路線名で言うと、茅野市の市街地エリアから国道152号→県道192号→県道40号→県道194号→県道460号を経由して美ヶ原高原に到達する。いずれも無料開放されているが、11月〜4月は一部区間が冬季閉鎖される。

今回は蓼科高原に滞在中に、白樺湖〜蓼科湖の14kmの区間をランニングしてきた。

ランナーから見たビーナスラインの魅力

ビーナスラインは日本有数のドライブ・ツーリングのルートとして知られる。蓼科高原や八ヶ岳山嶺の絶景がとにかく素晴らしく、ワインディングロードや急勾配が楽しめる。

ランナーからすると、アップダウンの多い「峠走」や標高1500m級の「準高地」でトレーニングできるのは魅力だ。まあでも、やっぱり最大の魅力は眼下に広がる蓼科高原の絶景。特に「女の神展望台」からの眺望がおすすめ。

アクセス

全長76kmのビーナスラインの起点は以下のとおり。

  • 長野県茅野市:あけぼの隧道交差点
  • 長野県上田市:美ヶ原高原美術館

こちらが「あけぼの隧道交差点」。標高は800m程度でビーナスラインの中で最も低い。

そしてこちらが「美ヶ原高原美術館」。標高は2000m程度に達し、ビーナスラインの中で最も高い。

ビーナスラインをランニングするなら、観光スポットが多く、交通アクセスも良い白樺湖や蓼科湖を拠点にするのがおすすめだ。

コース

今回は白樺湖から蓼科湖まで14kmの道のりを走ってきた。白樺湖の標高は1400m。そこから標高1760mのスズラン峠を経て、標高1200mの蓼科湖まで緩やかな下り坂を降りてゆくコースだ。参考までにストラバのアクティビティを貼り付けておく。

白樺湖

白樺湖に来たらぜひ訪れたいのが「ローソン ビーナスライン白樺湖店」。普通のローソンとは異なり、リゾート仕様のオシャレな店舗だ。交通の要所でもあり、ここから県道40号を蓼科方面に向かって走っていく。

県道40号

標高1400mの白樺湖からは緩やかな上り坂が続く。ちょっと走っただけでもう標高1500m。傾斜はそんなにキツくないので、6:30/kmペースであれば止まらずに走れる。

この辺りは歩道がないので、ガードレールに沿って走っていく。

途中、スキー場の「しらかば2in1」を通過。

県道40号から県道194号に接続するところ。この辺りで標高1700m。佐久・小諸方面へ向かう道と分岐するが、目指すは蓼科方面。

スズラン峠

今回走った区間の最高地点、標高1760mの「スズラン峠」に到着。この辺りには道路以外何もない。

あとはひたすら下り坂を降るだけなので、自ずとペースアップする。

女の神展望台

ビーナスラインには絶景が楽しめるビュースポットが点在するが、ここ「女の神展望台」は人気スポットのひとつ。無料駐車場もあるので、車やバイクを止めて記念撮影する人も多い。

晴れた日には遠くの山々まで見渡すことができる。

別荘エリア

女の神展望台を過ぎると、蓼科湖までは目立った観光スポットはない。

ひたすら下り坂を行くのみ。

この辺りは日本有数のリゾート地、蓼科高原別荘地が広がるエリアだ。

途中、北八ヶ岳ロープウェーへの登山口を通り過ぎる。ロープウェーの乗り場までは3kmほどの山道を上っていくので、往復するにはそれなりの覚悟が必要だ。今回はパス。

標高1500mまで降りてきた。

蓼科湖に近づくと、温泉の看板を目にする。この辺りの温泉で汗を流して、蓼科湖まで歩いていくのも良さそうだ。

標高1300mまで降りてきた。

紀元二千六百年文化柱

旅の終盤で「紀元二千六百年文化柱」と書かれた謎のオブジェを発見。紀元二千六百年といえば、1940年に神武天皇即位紀元2600年を祝った記念行事が有名だが、その当時に建てられた物らしい。

国立国会図書館の「デジタルライブラリー」に関連資料が残っている。

蓼科湖

最後の傾斜のきつい坂を下ると「道の駅 ビーナスライン蓼科湖」にたどり着く。無料駐車場や公衆トイレ、売店やレジャー施設などが揃う道の駅だ。

お役立ち情報

蓼科高原ラウンドバス

今回は蓼科高原に宿泊したのだが、蓼科湖〜白樺湖を往復するのは距離的にもキツい。そこで蓼科湖から白樺湖までバスで移動し、白樺湖から蓼科湖までを走ることにした。

蓼科湖と白樺湖を結ぶ路線バスはないが、夏季のみ「蓼科高原ラウンドバス」が運行しているので、今回はそちらを利用させてもらった。

運賃は1000円。途中、北八ヶ岳ロープウェー乗り場を経由し、乗車時間は約50分だった。

関連情報

ノースフェイス ゴアテックスキャップ NN41913

蓼科高原のハイキングやランニングにおすすめなのが、ノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」。完全防水仕様なので、突然雨が降っても安心。