旅ランニング|モエレ沼公園:イサムノグチ作品を巡る周回コース

北海道

北海道札幌市にある「モエレ沼公園」を走ってきたので紹介する。おすすめは1周3.75kmのランニングコース。札幌中心街からのアクセスは楽ではないが、期間限定バスを使うと便利。

目次と内容

モエレ沼公園とは?

僕はイサム・ノグチ(1904-1988)という彫刻家の大ファンなので、彼が設計を手がけた「モエレ沼公園」にずっと行きたいと思っていた。

モエレ沼公園は北海道札幌市にある。住所は札幌市でも、札幌駅や大通公園から約10kmほど北東に位置するため、中心街からのアクセスは良好とは言えない。

それが理由で、これまでモエレ沼公園へ足を伸ばす機会がなかった。

モエレ沼公園の特徴は以下のとおり。

  • 札幌市の「環状グリーンベルト構想」の拠点公園
  • 1982年着工、2005年グランドオープン
  • 基本設計はイサム・ノグチ氏が手がける
  • ゴミ処理場の跡地を再利用
  • 幾何学形態をモチーフにした山やオブジェが点在
  • 1周3.75kmの周回コースを配備

これはつまり、ランニングしながらイサム・ノグチ氏の作品が鑑賞できるということ。僕にとっては、この上ない至福の体験になる。

今回「北海道マラソン2022」に参加したついでに、モエレ沼公園を走る機会に恵まれた。

アクセス

さて、肝心の「アクセスしづらい」問題をどうするか?

公式サイトのアクセスに必要な情報がまとまっているが、札幌市街地から公共交通機関を利用するケースは何度読んでも頭に入らなかった。

ポイントを整理すると、以下のとおり。

  • 地下鉄駅から路線バスに乗って向かう
  • その他、期間限定バスも運行している
  • バスの所要時間は20〜40分
  • モエレ沼公園のバス停は「東口」と「西口」の2箇所
  • 期間限定バスはバス停「モエレ沼公園」に停車

いろいろシミュレーションした結果、期間限定バス「ビ68」に乗って向かうことに決めた。

この便は札幌駅から1kmほど東にある「サッポロビール博物館」から1時間毎に出ており、途中で地下鉄東豊線「環状通東駅」にも停車する。

サッポロビール博物館は札幌駅から歩いて行ける距離だし、地下鉄経由でも向かいやすい。しかも、東口と西口のバス停よりも園内に近い「モエレ沼公園」に停車する。

以下はサッポロビール博物館のバス乗り場。モエレ沼公園までの運賃は210円。Suicaも使えて便利。

途中、地下鉄東豊線「環状通東駅」に停車し、モエレ沼公園へ向かう。所要時間は40分ほど。同じ札幌市内でも結構時間がかかるなという印象。

以下は期間限定バスが停車する「モエレ沼公園」。自販機や待合室などがあった。

モエレ沼の外側(水郷東大橋〜西大橋)

バス停「モエレ沼公園」から歩いてすぐの所に水郷東大橋がある。橋を渡ると、モエレ沼公園のメインエリアに入れる。

以下は現地でよく見かける園内マップ。ちょっと分かりづらいが、下に東口の「水郷東大橋」、上に西口の「水郷西大橋」がある。

メインエリアを囲むように「モエレ沼」が広がるが、実はこの沼の外側には遊歩道が整備されている。まずはこの外周の部分を走ってみることにする。

以下は水郷東大橋から見た様子。モエレ沼公園の象徴とも言える「ガラスのピラミッド」が沼の向こう側に見える。

メインエリアから外れているため特に見所はない。

北側には「水郷北大橋」がある。東大橋や西大橋とは異なり、近くに駐車場がないため閑散としている。

モエレ沼を挟んで「プレイマウンテン」の頂上がちょこっとだけ見えた。

あっという間に西側の「水郷西大橋」に到着。

周回3.75kmコース

水郷西大橋を渡り、モエレ沼公園のメインエリアに入った。ここからは1周3.75kmの周回コースを時計回りで走る。

最初に見えてきたオブジェは「テトラマウンド」。その背後には先ほど見た「プレイマウンテン」が鎮座する。

左手に見えるのは、先ほど外側を走ってきたモエレ沼。

ふと振り返ると、距離表示の標識を発見。どうやら反時計回りに走るのが正しいようだ。

モエレ沼公園の北側を走行中。

この辺りには子ども向けの遊具が点在する。娘たちを連れてきたら喜ぶだろうな。

東側まで来ると「ガラスのピラミッド」が見えてきた。こうして見ると完全なピラミッド型でないことが分かる。

別の角度から見た写真。時間があればゆっくり見学したいが、そのまま走り続ける。

右手には標高62mの「モエレ山」がそびえ立つ。斜面が緑で覆われている様子は、なんとなく伊豆の「大室山」を連想させる。

南側から見た大室山、じゃなかった、モエレ山の様子。斜面にある細い線は、頂上に向かう遊歩道。

再び西側に戻り、最後に公園中央を横切って東側を目指す。再び「テトラマウンド」とご対面。

あまりうまく撮れていないが、動画も撮影したので載せておく。

この角度から見る「ガラスのピラミッド」が最も美しく感じる。

それからバス停「モエレ沼公園」に戻り、ギリギリ最終便に間に合った。

ちなみに帰りは地下鉄東豊線「環状通東駅」で下車して、地下鉄で大通公園へ向かい、北海道マラソンの事前受付を済ませてきた。

まとめ

以上、北海道札幌市の「モエレ沼公園」のランニングコースを紹介した。モエレ沼の外側も走れるが、そんなに見所はないのでランニングするならメインエリアの周回コースがおすすめ。

今回の滞在時間は、たったの40分。到着したのが遅かったため時間に余裕がなかったが、モエレ沼の外側と周回コースの計8kmを走り切ることができた。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

今回は時間がなくて「モエレ山」を走って登れなかったが、次回のお楽しみにしておこう。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

#北海道

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。