【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

「週末ひとりTATTAマラソン2020」フルを3:40:34で完走

「週末ひとりTATTAマラソン2020」フルを3:40:34で完走

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

2020年5月30日・31日開催された「TATTA週末ひとりマラソン」の様子を紹介します。

コロナ禍でマラソン大会が軒並み中止となる中、ランネットがバーチャルレースを企画。TATTAアプリから記録を提出すると性別・年代別でランキングが表示され、後日完走証明書も届きます。

更新 作成

目次と内容

週末ひとりマラソンとは?

週末ひとりマラソンは、日本最大級のマラソンポータルサイトを運営するランネット(Runnet)が2020年5月30日・31日の週末に実施したバーチャルレースです。

バーチャル(仮想空間)で行われるレースなので、参加はどこで走ってもOK。ランニングウォッチやランニングアプリのGPS機能を使い、決められた期間内にアクティビティを記録してアップロードすれば「完走」したとみなされます。

コロナウィルスの影響でリアルなマラソン大会が軒並み中止となる中、バーチャルレースは他人と接触せずに、ひとりで走れるマラソン大会として注目を集めています。

無料で参加できるバーチャルレースもありますが、今回参加した「週末ひとりマラソン」はランネットでのエントリーが必要でした。

TATTAアプリで記録

「週末ひとりマラソン」に参加するには、ランネットが提供しているスマートフォンアプリ「TATTA(タッタ)」が必要です。

ランニングを記録する方法は以下の2通りあります。

ランニングウォッチは、GarminとEpsonに対応。今回僕はGarminの「fenix 6X」で記録して、Garmin Connect経由でデータをTATTAアプリに転送します。

バーチャルレースなので、場所にも時間にも縛られる必要はありません。

場所は自宅からアクセスしやく、フラットで走りやすい見沼代用水西縁〜東縁を1周するコースを選びました。スタートは5月30日(土)のお昼頃。

Garminウォッチで記録しながら、42.195kmをひとりで走ります。練習で30〜35kmを走ることはありますが、練習でフルマラソンを走るのは初体験。バーチャルレースがなかったら、多分無理です…。

無事に完走しました。42.195kmきっちりだとデータ補正の際に短くなるリスクがあるので、少し多めに走っておくのがポイント。今回はGarminの距離表示が42.5kmになるまで走りました。

完走後、Garmin Connectにはすぐに反映されたのですが、Garmin Connect→TATTAアプリへの反映に時間がかかりました。結局、6月1日の朝になっても反映されず、焦りました…。

6月1日の夜に確認したら反映されていました。開催期間を過ぎているけど、ちゃんと完走したと見なされるのだろうか、と心配になりました。

どうやらシステム上、Garmin Connectデータの反映が遅れていたようですね。後日、運営事務局から「タイム取り込みの遅れについてのお詫び」と題したメールが届きました。

完走証明書

6月11日に「週末ひとりマラソン」の完走証明書がメールで送られてきました。PDF形式なので、プリントして飾っておくこともできます。

完走タイムは3時間40分34秒でした。Garminで記録した時間とは異なりますが、どうやらTATTA独自の計算方法を用いているようです。公式サイトには以下の注意書きがありました。

※本ランキングにおけるタイムの算出方法について 本ランキングでは、仮にフルの部で43kmを計測した場合、42.195kmを通過した時点での時刻を算出しております。 また、オートポーズや停止・再開を行なった場合、その間の時間はタイムから減算しております。 なお、このタイムは緯度経度情報から計算しておりますが、この計算方法については様々な方法があり、TATTA独自の式を用いております。そのため、他サービスで計測された結果を連携した場合、値が異なることがございますのでご了承ください。

今回はマラニック的な感じで楽しみながら走ったのでタイムは気にしていませんが、本気で走ったランナーの方は実際のタイムと乖離があると戸惑われるかもしれませんね。

性別・年代別ランキング

公式サイトでは、自分の完走タイムのランキングも確認できます。「tomo」のランキングは以下のとおり。

フルマラソンの部のハイライトは以下のとおり。

ハーフマラソンの部のハイライトは以下のとおり。

おまけ

過去に「ニューヨークシティハーフマラソン2019」のバーチャルレースを走ったことがあります。

こちらは大会アカウントとStravaアカウントを連携してデータをアップロードするスタイル。地元・埼玉を走りながら、ニューヨークシティハーフマラソンを完走したことになります。

後日、バーチャルレース専用の完走メダルがアメリカから郵送されてきました。

コロナ禍で一気に広まったバーチャルレース。取り組みとしては面白いのですが、マラソン大会はその土地で走るのが魅力。わざわざお金を払ってまでバーチャルレースは走りたいとは思えないですね。