レース攻略|UP RUN彩湖マラソン2022:ハーフ 1時間22分39秒

2022年1月29日に埼玉県の彩湖で開催された「UP RUN彩湖マラソン」のハーフマラソンの部を走ってきた。

#埼玉県

とも

今日のレースで履いたのはナイキの「ズーム フライ 4」。やや硬めのNike Reactフォームとカーボンファイバープレートが爆発的な推進力を生み出す。レースでもスピード練習でも活躍する頼れる相棒だ。

NIKE ZOOM FLY 4」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

大会の魅力

「UP RUN彩湖マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 小規模でアットホームなマラソン大会
  • 埼玉県戸田市の「彩湖」で開催
  • 種目はフル・30km・ハーフ・10km・5kmなど
  • 会場は彩湖道満グリーンパーク
  • コースは「戸田マラソンコース」を周回

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

彩湖で開催

彩湖は埼玉県戸田市にあり、荒川の東側に位置する。ちょうど東京都との県境なので首都圏からのアクセスは良好だ。

コロナに強い大会

彩湖で開催されるマラソン大会は、コロナ禍でも中止になることが少ない。小規模なローカル大会であることと、密になりにくいことが理由だろう。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動のため、レース当日に現地入りした。

自宅から会場のある「彩湖道満グリーンパーク」までは車で30分もかからない。電車だとJR武蔵浦和駅が最寄り駅だが、公園まで4kmほどあり、バスに乗らないと厳しい。

レース当日の日程は以下のとおり。

  • 09:15 自宅を出発
  • 09:45 会場に到着
  • 09:55 受付
  • 10:30 スタート(ハーフの部)
  • 11:53 フィニッシュ
  • 12:30 帰宅

ローカル大会の良いところは移動に時間がかからないことだ。自宅から彩湖までの移動時間は約30分。

午前中にハーフマラソンを走って昼過ぎには帰宅できると、午後が有効に使えて有難い。まあ、実際には疲れてゴロゴロしていただけだが…。

スタートライン

以下は受付会場の様子。簡易テントと、荷物を置いておくビニールシートが設置してある。

受付でナンバーカードと計測チップを受け取る。計測チップは腕に装着するタイプで初めて見るものだった。

スタート20分前に大会スタッフからレースに関する説明がある。そしてスタート5分前にスタートラインへ。

すでにスタートしているフルや30kmの部の選手や、普通に走っているランナーの邪魔にならないように整列するのがマナーだ。

コース攻略

ハーフマラソンのコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは彩湖道満グリーンパーク
  • 最初の1kmは距離調整のため直線ルートを往復
  • 以降、彩湖を周回する「戸田マラソンコース」を4周
  • 彩湖の北側に2箇所、南側の連絡橋に1箇所アップダウンあり

以下は大会パンフレットのコースマップ。

前半戦

序盤はオーバーペースに注意しながら、4:00/km前後で巡航。このペースを維持できれば、目標の1時間25分切りが達成できる。

6kmあたりから少しだけペースアップして、3:55/km前後で様子見することに。彩湖は強風にさらされることが多いが、今日は穏やかで天候に恵まれていた。

2周目の9〜10kmが最も苦しく「まだ半分以上もあるのか…」と心が折れかけた。

後半戦

3周目に入った11kmあたりから、身体がフワッと軽くなった。「もう無理!」と諦めかけた直後に楽になったりするので、長距離は本当に奥が深い。

11〜18kmは「スーパーマリオブラザーズ」のスター状態で走っているような感覚だった。

上半身をうまく使いこなせたのが良かったのかもしれない。脚をほとんど使ってないのにペースが維持できたので、疲れをまったく感じない。

さすがにラスト2kmは呼吸が苦しくなったが、最後はペースを上げて気持ちよくフィニッシュできた。

ゴールの後で

完走タイムは、グロスで1時間22分39秒だった。

目標の1時間25分切りを余裕で達成した上に、ハーフマラソンの自己ベスト1時間21分57秒(上尾シティマラソン2018)に次ぐセカンドベストのタイムで完走することができた。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

総合順位は2位

ハーフマラソンの部では総合順位が2位だったため、簡単ではあったが表彰していただいた。

本日の戦利品

参加賞のレッドブル。

こちらも参加賞の割引券。モンテローザグループで2,000円以上の飲食で500円の割引が受けられる。

記録証と、総合2位の商品のタオルと割引券。参加賞と同じ500円の割引券がさらに4枚も入っていた。

シューズ・装備類

今回のレースで使用したシューズ・ウェア・ギア・エイドは以下のとおり。

シューズナイキ ズーム フライ 4
ソックスタビオ レーシングラン5本指
ボトムスパタゴニア エンドレスランショーツ
トップスOn Trail Breaker
エイド(レース前)GU ENERGY CHEWS
ドリンク(レース前)大塚製薬 アミノバリュー4000

シューズは、2021年12月に発売されたばかりのナイキの「ズームフライ 4」を投入。主にスピード練習で使っているが、レースでも安定した走りをサポートしてくれた。

そしてレース前日から「アミノバリュー4000」でウォーターローディングを行なった。レース中はエイド・ドリンクは携帯せず、給水スポットでポカリスエットを1口ずつ飲んだ。

#埼玉県

とも

今日のレースで履いたのはナイキの「ズーム フライ 4」。やや硬めのNike Reactフォームとカーボンファイバープレートが爆発的な推進力を生み出す。レースでもスピード練習でも活躍する頼れる相棒だ。

NIKE ZOOM FLY 4」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。気になるシューズがあれば自宅で試着してみよう。

彩湖(さいこ)は、東京都と埼玉県の県境にある人造の湖。荒川洪水時の被害に備えた調節池として1997年に完成し、周辺には公園や運動場、バーベキュー広場やアスレチック場がある。今回は彩湖の北側に整備された周回4.7kmの「戸田マラソンコース」を走ってきたので紹介する。続きを読む

マラソン大会で履くレース本番用のランニングソックスが欲しかったのでタビオ(Tabio)の「レーシングラン5本指」を購入した。靴下専門メーカーが本腰を入れて作ったランニングソックスは機能性、履き心地、デザインのどれをとってもピカイチ。自分用にはもちろん、プレゼントにもおすすめな1足だ。続きを読む

タビオ レーシングラン5本指」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

On Trail Breaker(トレイル・ブレーカー)は秋冬におすすめのランニングウェア。2つの素材を戦略的に使い分け、前面には保温性を高めるプロテクション機能、背面は通気性に優れたベンチレーション機能を持たせている。続きを読む

On Trail Breaker」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

GU ENERGY CHEWS(GUエナジーチュー)はアメリカ発のエネルギー補給食。日本では馴染みのないソフトグミタイプだが、携帯しやすく、食べやすくて美味しい。1粒で20kcalあり、マラソンのエネルギー補給におすすめだ。実際に使ってみて気づいた点を紹介する。続きを読む

GU ENERGY CHEWS」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。