ガーミン「ランニングダイナミクス(RD)ポッド」実戦レビュー!自分はストライド走法が得意?

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

ガーミンGPS時計の最新機種「ForeAthlete 935」を使い始めて1ヶ月が経ちました。ランニング計測もさることながら、スマートウォッチとして仕事でも活躍してくれており、24時間肌身離さず装着しています。

関連記事:ガーミン「ForeAthlete 935」レビュー。マラソンでも職場でも使えるオールマイティーな時計

今回は、ForeAthlete 935の新機能のひとつ、ランニングダイナミクスの機能について紹介したいと思います。ForeAthlete 935のパッケージには、ランニングダイナミクスポッド(Running Dynamics Pod)と呼ばれるセンサーが同梱されていますが、このポッドを腰の部分に装着すると、接地時間バランス、歩幅、上下動比などを細かく計測してくれます。

6月4日に出場した「黒部名水マラソン2017」でガッツリ計測してきましたので、実際の走行データを使って、ランニングダイナミクスポッドの仕事ぶりを見ていきましょう。

ランニングダイナミクスポッドの使い方

ランニングダイナミクスポッドは「RDポッド」とも呼ばれ、ForeAthleteの上位機種(735XT、935)やFenix 5などに対応しています。RDポッドを単独で購入することも可能です。 

ForeAthlete 935の商品パッケージを開けると、RDポッドが同梱されていました。写真右上にある、親指サイズの黄緑色のヤツです。

使い方は簡単。GPS時計を起動し、RDポッドをひと振りすると、自動的に認識→ペアリングしてくれます。接続が完了すると、画面に「RDポッド接続」と表示されます。GPSの捕捉よりも早かったです。

裏側はクリップになっています。ズボンの後ろ側に留めておきましょう。もしズボンが少しでも上下するようであれば、アンダーウェアに直接装着しましょう。正しく計測するには、身体と同じ動きをすることが重要です。ちなみにクリップのグリップ力は相当強力なので、走行中に落とす心配はなさそうです。

あとはRDポッドを着けて走るだけ。走ったあとに忘れて洗濯機に入れてしまわないように注意しましょう。アクティビティを完了すると、「RDポッドを取り外してください」とリマインドしてくれます。

RDポッドの電池の寿命は約1年間とのことですが、本体をクリップから外して電池の交換ができます。

「黒部名水マラソン2017」のランニングダイナミクス計測結果

それでは早速、RDポッドで計測したランニングダイナミックのデータを見てみましょう。ガーミンコネクトで「黒部名水マラソン2017」のアクティビティログを開くと。以下のランニングダイナミクスの統計が表示されます。

  • 平均ケイデンス 177 spm
  • 最大ケイデンス 199 spm
  • 平均歩幅 1.20 m
  • 平均上下動比 7.1 %
  • 平均上下動 8.6 cm
  • 平均GCTバランス 50.6% 左/49.4% 右
  • 平均接地時間 247 ms

これだけだと意味がわからないので、ひとつずつ見ていきましょう。

一点だけ補足しておくと、今回のレースでは、前半は3時間30分のペースメーカーに張り付き、キロ5分のペースをキープ。後半からキロ4分30秒にペースアップし、ラスト3キロは徐々にペースダウンするものの、何とか逃げ切りました。

関連記事:【黒部名水マラソン2017】大会レポート:富山の大自然を満喫できるコースを徹底解説!

ケイデンス

ケイデンス(cadence)とは、ピッチのことを指します。平均ケイデンスは、1分間あたりの左右合計の歩数です。最大で1分間に200歩(spm)、つまり1秒間に3歩強のピッチで走っていることがわかります。

ガーミンコネクトでケイデンスの推移を見ると、ペースアップした後半にかけて若干ケイデンスが微増(1分間につき5〜10歩)しているのがわかります。

歩幅

歩幅は、一歩あたりの歩幅(m)を指します。ランニング用語ではストライドとも呼ばれます。平均で1.20メートル。感覚的には1メートルくらいかなと思っていましたが、意外と長いことに驚きました。

歩幅の推移を見ると、ペースアップした後半にかけて10〜20センチほど伸びています。ケイデンス(ピッチ)に比べると顕著な差ですね。後半のキロ4分30秒台のペースはストライドによって生まれていることがわかります。

上下動比

上下動は、一歩あたりの体の上下動の幅(cm)。つまり、平均で8.6センチも上下していることになります。

上下動比は、歩幅に対する上下動幅の比率(%)を表した指標。上下動を歩幅で割った数字です。数値が低いほどランニングフォームがよいとされます。

上下動比の推移を見ると、ペースアップした後半にかけて若干ですが改善しています。歩幅が伸びているので、分母が大きくなったからですね。

GCTバランス

接地時間(GCT)は、一歩あたりの地面に足がついている時間をミリ秒(1000分の1秒)で表したもの。

GCTバランスは、左右の接地時間の割合(%)を表す指標。左右のバランスが均一な状態てだと、50-50となるので、今回の50.6%-49.4%という結果は悪くなさそうです。

GCTバランスの推移を見ると、最初の10キロは左右イーブンでしたが、10キロ以降、やや左に傾いていることがわかります。基本的に反時計回りのコースなので、自然と左に傾いている時間が多かったからかもしれません。

まとめ

以上、ガーミンGPS時計「ForeAthlete 935」の新機能のひとつであるランニングダイナミクスについて紹介しました。これまで感覚的に捉えていた自分のフォームを、RDポッドを使って数値的に分析すると面白い発見がありました。思っていたよりも自分の歩幅は長く、歩幅を大きくして速く走る「ストライド走法」に強みがあることがわかりました。

これからもRDポッドをフル活用してフォームの改善に役立てていきたいと思います。

それにしても、ForeAthlete 935の価格はなかなか下がらないですね。。定期的にアマゾンで最新価格をチェックしていますが、発売当初より5万6千円台をキープしています。

今回は5万円超の高価な買い物でしたが、エントリーモデル「ForeAthlete 220」からの乗り換えなのでアップグレード感が半端ないのと、ランニング計測とビジネスユースの両方で大、大、大満足しています。久々に良い買い物をしました。

ForeAthlete 935について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

関連記事:ガーミン「ForeAthlete 935」レビュー。マラソンでも職場でも使えるオールマイティーな時計

B!

同じカテゴリの記事

【保存版】ガーミンForeAthleteのオンラインマニュアル一覧

知らなきゃ損!ガーミンGPSウォッチで「インターバル走」を簡単に記録する方法

Garmin」の記事一覧へ ▶︎