tomo.run

【舞鶴赤れんがハーフマラソン2023レポート】ハーフ1:21:29 PB

【舞鶴赤れんがハーフマラソン2023レポート】ハーフ1:21:29 PB

2023年10月9日に京都府舞鶴市で開催された「舞鶴赤れんがハーフマラソン」の様子を紹介します。ハーフの部に参加し、自己ベストを28秒短縮しました。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

舞鶴赤れんがハーフの特徴

舞鶴赤れんがハーフマラソンは、毎年10月に京都府舞鶴市で開催されるマラソン大会です。

主な特徴は以下のとおり。

  • 種目はハーフ(21.1km)と2km
  • スタート・ゴール会場は舞鶴赤れんがパーク
  • 海上自衛隊の基地内を走れる
  • ハーフは日本陸連公認コース

最新情報は大会の公式サイトをご確認ください。

軍港の面影を残すコース

明治時代から終戦まで、舞鶴には旧日本海軍の拠点である鎮守府が置かれていました。市内には軍需物資を保管する赤れんが倉庫や、運搬する鉄道跡地などが現存しています。

中でもスタート・ゴール会場が設置される「舞鶴赤れんがパーク」の倉庫群は圧巻です。

自衛隊基地内を走れる

かつて軍港として使われていたエリアは、現在は海上自衛隊の基地となっています。普段は入場が制限されている「海上自衛隊航空基地」や「海上自衛隊桟橋」の敷地内を走れます。

埼玉から2泊3日で遠征

そんな魅力あふれるマラソン大会ですが、地元埼玉からのアクセスは容易ではありません。

レースは10月の三連休最終日に開催されるため、今回は2泊3日の日程で「舞鶴赤れんがハーフマラソン2023」に挑みました。

2023年10月7日(土)

早朝に自宅を出発して、5時間かけて東舞鶴駅まで移動しました。

午後は「舞鶴引揚記念館」を見学した後、市内観光しながら14km走りました。

2023年10月8日(日)

連休2日目は自由行動。レンタカーで京都北部の伊根(いね)と天橋立を観光してきました。

観光といっても、もちろんランニングしながらです。伊根では「日本のベネチア」と称される舟屋街を中心に7km走りました。

その後、天橋立に移動。有名な松並木の全長2.6kmですが、それだけだと物足りないので、松並木を含む隣の阿蘇海をぐるりと1周しました。

意外と距離があり、14kmも走ってしまいました。伊根の分と合わせて21km。レース前日なのに走りすぎましたね…。

2023年10月9日(月・祝)

レース当日の日程は以下のとおりです。レースの後は5時間かけて地元埼玉に戻ります。

  • 07:00 起床
  • 07:15 朝食
  • 08:00 ストレッチ
  • 08:45 ホテルから会場へ
  • 09:15 スタートライン整列
  • 09:30 スタート
  • 10:52 ゴール
  • 11:40 ホテルで荷物受け取り
  • 12:10 東舞鶴駅到着
  • 12:29 東舞鶴発
  • 17:11 北浦和着

さすがに三連休の翌日は休むわけにいかず…。とはいえ、かなりのハードスケジュールでした。

スタートラインへ

朝起きてスタートラインに立つまでの流れを紹介します。

朝食は「海軍カレー」

日本のカレーは旧日本海軍の食事が発祥と言われています。舞鶴のホテルでは「海軍カレー」が朝食の定番のようです。

会場に到着

スタート・ゴール会場のある舞鶴赤れんがパークに到着。ホテルから徒歩15分でした。ハーフマラソンは9時半スタートで15分前に整列なので、時間に余裕があります。

荷物は体育館に保管

舞鶴赤れんがパーク内にある体育館に荷物を置いておきます(女子は別)。貴重品だけ封筒に入れて預かってくれますが、それ以外は自己責任で。

今回スーツケースはホテルで預かってもらいましたが、レースの後の着替えだけ体育館においておきました。ゴミと間違われないと良いのですが…。

スタートラインに整列

今回は先頭Aブロックからのスタート。スタート20分前でブロックの最後尾に並ぶ羽目に。大会ゲストの千葉真子のテンションの高いトークを聴きながら号砲を待ちます。

コース攻略

簡単にですが、ハーフマラソンのコースの特徴をまとめておきます。

  • スタート・ゴール地点は舞鶴赤れんがパーク
  • コースは日本陸連公認
  • 6kmあたりで海上自衛隊航空基地内を走行
  • 4〜5km、7〜8kmの区間に高低差約30mの起伏
  • 9kmあたりで海上自衛隊桟橋の敷地内を走行
  • 10km過ぎで舞鶴赤れんがパークに戻る
  • 10〜21kmは舞鶴湾の東側を走行

以下は大会パンフレットに載っていたコースマップです。

アップダウンは4〜5kmと7〜8kmの坂道ぐらいで後半はほぼフラットです。

スタート・ゴール会場は、舞鶴市の人気観光スポット「舞鶴赤れんがパーク」内に設置されます。レースに参加しがてら観光もできて一石二鳥。

前半戦

今回は3週間後の「金沢マラソン2023」の前哨戦としてハーフマラソンに挑みます。

目標ペースは3:55〜3:50/km。3:50/kmを切れれば自己ベスト更新が手に届きます。

スタート直後は、舞鶴赤れんがパークの北側にある前島埠頭を走行。舞鶴と北海道を結ぶ「新日本海フェリー」の客船が見えました。

その後、再びスタート地点に戻ります。この辺りは声援が大きかったですね。和太鼓の演奏にも元気づけられました。

赤れんが倉庫を横に、舞鶴港の西へ向かいます。

途中で右折して、海上自衛隊航空基地を目指します。4km地点を過ぎたあたりから、緩やかな上り坂が続きます。

雁又トンネルの手前から下り坂になります。

トンネルを抜けて坂を下り切ると海上自衛隊航空基地へ入ります。

記念撮影スポットでパシャリ。海上自衛隊の方たちの熱い応援に元気をもらいました。

海上自衛隊航空基地を出ると、再びトンネルを抜け、アップダウンを乗り越えて舞鶴赤れんがパークを目指します。

9kmあたりで海上自衛隊桟橋の敷地内に入り、護衛艦の横を駆け抜けます。海上自衛隊によるブラスバンドの演奏も素敵でした。

10km地点を39分で通過。ここまでは時計を見ながら3:55〜3:50/kmを意識しましたが、呼吸は安定しており、汗もそれほど出ていない様子。

後半戦

後半は時計を見ずに自分のペース感覚を信じて走ることにします。

舞鶴赤れんがパークを通過し、後半は舞鶴港の東側を往復します。11km地点で「しおじプラザ」を通過。

その後、海上自衛隊の教育施設の前を通過。ここだけ少しアップダウンがありました。

舞鶴港の向こうに舞鶴クレインブリッジがチラリと見えました。

16km手前の折り返し地点。ここまで来れば、気持ち的には楽です。ペースダウンしているランナーを追い抜きながらペースを落とさないよう心がけます。

ラスト3kmは必死に走っていたので記憶がありません。ただ、18kmあたりで道路の反対側を走るランナーの方から「ともらんさん、頑張って!」とお声がけいただきました。嬉しかったですね。それだけは覚えています。

再び舞鶴赤れんがパークに戻り、赤レンガ倉庫街の中心でフィニッシュします。

レースの振り返り

気になるタイムは、ネットで1時間21分29秒グロスで1時間21分54秒でした。

これまでのハーフ自己ベストは「上尾シティハーフマラソン2018」の1時間21分57秒でしたので、28秒短縮して自己ベストを更新することができました!

平均ペースは3:50/km。ラップタイムを振り返ると、17km以降からペースアップして、ラスト4kmを3:45〜3:40/kmで走れています。

時計を見ずに自分の感覚を信じて走ったのが良かったですね。

もちろん練習のほうも頑張りました。9月はほぼ毎週のように16〜18kmのペース走(4:00〜4:05/km)を走り切りましたし、800〜1600mインターバル走でも3:30〜3:45/kmのペースに慣れました。

ゴールの後で

ゴールの後は、赤れんが倉庫の中で計測チップを外してもらい、ミネラルウォーターを受け取ります。これもまた、舞鶴でしか体験できないことです。

せっかくなので、屋台で販売していた「海軍カレー」を食べてみました。大サイズで600円。なぜか唐揚げパックをサービスしてくれました。

朝食も海軍カレーでしたので、今回のレースは海軍カレーで始まり、海軍カレーで終わることになります。

使用したランニングアイテム

最後に、今回のレースで自分をサポートしてくれたランニングアイテムを紹介します。

On「クラウドブームエコー 3」

Onのマラソンシューズの最高峰モデル。スピードシューズとしての性能は申し分なく、ハーフの自己ベスト更新に貢献してくれました。

ただしスペック的に「フルマラソン4回分」しか使えず、耐久性はまったくもって期待できず、実際にはハーフを1回走っただけでソールがひどく損傷しました。

Tabio「レーシングラン ナノグリップ」

生地全体に滑り止め加工が施されているレース仕様のランニングソックス。Onのランニングシューズは足が中で滑りやすいため、Tabioとの相性は抜群でした。

Mizuno「マルチポケットパンツ」

ウエスト周りに360°メッシュポケットを配置。今回はスマホ、貴重品、ジェル2個しか携帯しなかったため、ウエストポーチは使用せず、すべてマルチポケットパンツに収納しました。

ちなみに最近ロングパンツ(裏起毛)も購入し、今回のマラソン遠征では移動中に着用して重宝しました。

New Heights.「レーシングボクサーショーツ」

アンダーウェアは、滋賀県発のブランドNew Heights.(ニューハイツ)のレース仕様の下着を着用。股ずれせず、快適な走りをサポートしてくれます。

「アミノサウルス ジェル」

レースの補給食の定番。今回はカフェイン無しをスタート直前に、カフェイン入りを8km過ぎの給水ポイントで摂取しました。

UA「アイソチル ローンチラン キャップ」

ランニングキャップはUA(アンダーアーマー)をレースに初投入。汗止めが非常に秀逸です。レース終了後、キャップを外したら汗がダラーッと垂れてきました。こんなに汗かいていたんだ!と驚いたほどです。

おまけ

今回は「舞鶴赤れんがハーフマラソン2023」に参加するために舞鶴市に2泊しました。

宿泊先は2020年にオープンした「スーパーホテル 東舞鶴」。JR東舞鶴駅から徒歩10分、舞鶴赤れんがパークまで徒歩15分と観光に適した立地です。

小さいながらも天然温泉もあり、快適に過ごせました。

関連記事

2023年7月に発売されたOnの「Cloudboom Echo 3(クラウドブーム エコー 3)」を紹介します。 前作「Cloudboom Echo」から大幅に進化したOn史上最速のロードランニング向けシューズですが、寿命はフルマラソン4回分しかありません。 定価は32,78

今回紹介するのは「レーシングランナノグリップ」というTabioのレース用ランニングソックス。履きやすくてフィット感が抜群の上、グリップ性能も秀逸な1足です。これまでに何度も自己ベスト更新に貢献してくれました。

今回紹介するのは「マルチポケットパンツ」というMizunoの超人気ランニングパンツ。ウエスト周りに配置された「360度ポケット」はスマホやエナジージェル、給水ボトルやシェルなどが収まり、ウエストポーチ並みの収納力があります。自分はマラソンレースでも愛用しています。

今回紹介するのは「マルチポケットパンツロング」というMizunoのロングパンツ。スマホ・エナジージェル・給水ボトル・貴重品類の4点を持ち運べる「360度ポケット」がとにかく便利。しかも裏起毛で暖かいので真冬のランニングでも快適です。

高機能ランニングパンツとセットで使える下着(ボクサーショーツパンツ)が欲しい…。そんな願いを叶えるべくNew Heights.の「レーシングボクサーショーツ」を購入しました。股ズレのトラブルが解消され、程よいコンプレッションと程よい通気性が、数々の自己ベスト更新に導いてくれました

今回紹介するのはSAURUSの「アミノサウルス ジェル」というエナジージェル。これ1袋でマラソンレースに必要なエネルギーと成分を補給できます。自分はフルマラソンの本命レースで定番ジェルとして使っており、これまで何度も自己ベスト更新に貢献してくれました。2023年には上位互換とも言

今回紹介するのは「アイソチル ローンチ ランキャップ」というアンダーアーマーの人気ランニングキャップです。ツバの部分が広くて日除けに優れ、熱を効率的に発散させるアイソチル素材とメッシュパネルを採用することで、炎天下でも頭部を快適に保ちます。

2018年11月18日に参加した「上尾シティハーフマラソン」の大会レポートをお届けします。 種目はハーフマラソン。上尾運動公園を発着点とし上尾市内をめぐるコースは、フラットで自己ベストを更新しやすいのが特徴です。 箱根駅伝常連校の選手が多く参加するため、非常にレベルの高い

スーパーホテル 東舞鶴は以下のサイトから予約できます。