旅ランニング|旅ラン持ち物リスト:バックの中身を公開

僕は2012年から「旅ラン」にハマっている。人生初の旅ランではバックパックを背負い、7日間かけて東京〜浜松250kmの道のりを走った。旅ランの荷物は少なければ少ないほど良いのは言うまでもない。荷物は必要最低限の物に絞り、それ以外は現地調達で済ませる。ウェアは宿泊先で洗濯して翌日また同じ物を着るのが原則。

とも

Salomon AGILE 2 SET」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

2012年:東海道250km

2012年10月に東京から浜松まで東海道を7日間かけて走ってきた。走行距離は約250km。

人生初の旅ランだったため、荷物のパッキングはすべて自己流。道中で最低限必要になりそうなものを選び抜き、ノースフェイスの「マーティンウィング 10L」に詰め込んだ。

荷物を少なくするコツ

まず、補給食・エイドは現地調達が基本。よほどの僻地でない限り、コンビニや売店、自動販売機があるので、食べ物や飲み物は必要な時に買う。

次に、基本的に普段着は不要。宿泊先では備え付けの浴衣があるし、なければランニングウェアで過ごせば良い。外出したり、電車やバスで移動したりする時もランニングウェアで済ませる。

最後に、汚れ物は毎日洗濯。走り終わったら宿泊先の洗面所ですぐに手洗いし、一晩で乾燥させれば、翌朝また使うことができる。部屋に備え付けの石鹸でゴシゴシ洗えば臭いは取れるし、タオルハンガーを利用すればすぐに乾く。速乾性に優れたランニングウェアなら尚更だ。

2018年:しまなみ街道80km

2018年12月に「瀬戸内しまなみ海道」を3日間かけて走ってきた。走行距離は愛媛県の今治から広島県の尾道までの約80km。旅ランに持っていった荷物は以下のとおり。

バックパック

持ち物はすべてサロモンの「SKIN PRO 10」に詰め込んだ。メイン収納が10Lあり、荷物をすべて詰めても7割ほどしか埋まらない。メイン収納の他は、ソフトハイドレーション用のフロントポケットが2つ、サイドジップポケットが1つ、サイドポケットが1つある。

ウェア・装備品

長袖シャツ2枚。冬の旅ランでは、ランニング中に長袖シャツを使う。今回も宿泊先で洗濯したので基本的に1枚だけも良いが、雨で濡れた時のための予備も持っていく。

半袖シャツ2枚。宿泊先での下着として使う。その上に備え付けの浴衣を着ればバッチリ。外出する際は、上に防水シェルを羽織ればサマになる。

近眼なので度付きサングラスとメガネは必須アイテム。宿泊先でサングラスだと怪しいので、普段使っているメガネも持っていく。

ランニングキャップも忘れてはならない。直射日光を遮るだけでなく、雨が降った時にも役立つ。

電子機器

もはや僕のカラダの一部となったガーミンのランニングウォッチ「ForeAthlete 935」。丸一日使っても余裕で充電が持つので助かる。

電子機器の給電はAnkerの「PowerCore Fusion 5000」に集約。モバイルバッテリーと充電器の一台二役なのが嬉しい。

その他

給水ボトルはサロモンの「ソフトフラスク 250ml」を使用。コンパクトで取り出しやすいのが気に入っている。

フェイスタオルは必ず1枚持っていくようにしている。汗を拭くというより、旅先での温泉・銭湯で必要になる。

貴重品や小物などを入れておくビニール袋も忘れずに。45Lのゴミ袋も1枚。バックパックに被せれば雨避けになり、レインカバーよりも軽くて安上がりだ。

この写真に入っていないものは、長ズボン、防水シェル、ランニングシューズ。スマートフォンと現金・クレジットカードも写真には写っていないが、もちろん忘れずに持っていく。

2021年:日光街道140km

2021年6月に「日光街道」を4日間かけて走ってくる。走行距離は東京都・日本橋から栃木県・日光東照宮までの約140km。旅ランに持っていく荷物は以下のとおり。

バックパック

今回はとにかく走りやすいこと、身体への負荷が少ないことを優先するために、バックパックを10Lから2Lにサイズダウンした。サロモンの「AGILE 2 SET」に収まるように持ち物を厳選に厳選を重ねた。

持ち物リスト

厳選した持ち物リストは以下のとおり。

  • ランニングキャップ(On Lightweight Cap)
  • サングラス
  • ビニール袋
  • 給水ボトル(サロモン ソフトフラスク 500ml
  • マスク
  • アクションカメラ(Insta360 GO 2
  • モバイルバッテリー・充電器(Anker PowerCore III Fusion 5000
  • ガーミンウォッチ(fenix 6X
  • 日焼け止めクリーム
  • 手ぬぐい
  • ランニングTシャツ(マラソン大会参加賞)
  • ハーフパンツ(サロモン XA 7インチ SHORT
  • ロングパンツ(パタゴニア ストライダー・プロ・パンツ)
  • アンダーウェア(On Hybrid Shortsのインナー)
  • レインウェア(On Waterproof Anorak)

ランニングパンツにも収納

バックパックに入らなかった物は、ランニングパンツのポケットに収納する。「サロモン XA 7インチ SHORT」の収納力は半端ない。

小型化・軽量化の恩恵

数年前に比べてウェアやギアがより小さく、より軽くなったことで荷物が少なくて済む。例えば、世界最小級のアクションカメラ「Insta360 GO 2」はスマホより小さいし、軽量ロングパンツ「パタゴニア ストライダー・プロ・パンツ」は折りたたむと全くかさばらない。

防水対策の徹底

一方で、以前よりも徹底したのが防水対策。今回は梅雨真っ只中で雨が降る確率が高いため、まずレインウェアは防水仕様の「On Waterproof Anorak」を新調した。大きめのサイズなのでバックパックを背負ったままでも着用できる。

また、電気機器や替えのウェアは「ジップロック フリーザーバッグ」に入れる。ビニール袋よりも耐久性が高く、密閉できるのが良い。

地図はGoogleマップ

今回は日光街道のルートを正確に辿るために「ちゃんと歩ける日光街道・奥州街道 日光道中二十一次」を購入した。しかし本だと荷物になるので、ルートをGoogleマップに記録してスマホで確認することにした。

とも

Salomon AGILE 2 SET」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

江戸時代初期、江戸〜京都を結ぶ幹線道路として「東海道」が整備された。当時の飛脚みたいに東海道を走って旅してみたい。20代最後の2012年にそんなことを思いつき、東京〜浜松の250kmの道のりを7日間かけて走ってきた。続きを読む

「しまなみ海道」は愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ道。全長約80kmの自転車歩行者道は、瀬戸内海の6つの島と7つの橋をめぐりながら徒歩・自転車で通行できる。バックパック今治〜尾道を走ってきたので、2泊3日の旅ランの様子を紹介する。続きを読む

エアーズロック(別名:ウルル)はオーストラリアにある世界最大級の一枚岩。先住民のアボリジニの聖地であり、ウルル=カタ・ジュタ国立公園として世界遺産に登録されている。エアーズロックの周りには「Base Walk」と呼ばれる周回10.6kmのコースが整備されている。シドニー出張のついでに走ってみたので紹介したい。続きを読む

高野山町石道(こうやさんちょういしみち)は、和歌山県にある日本仏教の聖地・高野山の参詣道。登山口の慈尊院と山頂の弘法大師御廟を結び、全長約22km、標高差約800mの登山道でもある。1000年以上も前から人が行き来し、道中には109m毎に「町石」と呼ばれる道しるべが置かれている。日本で最もスピリチュアルなトレイルランニングコースを駆け上り、弘法大師空海が今でも修行を続けていると言われる弘法大師御廟でお参りをすれば、疲れた心が癒されること間違いなし。今回は高野山町石道を走ってきたので、その様子を紹介する。続きを読む

旅ランやマラソン大会で使えるバックパックが欲しかったのでサロモンの「アジャイル 2(AGILE 2)」を購入した。ベストのように羽織ることで、2Lの収納力がありながら肩甲骨の動きを妨げない。「東京マラソン2019」ではこれを着用して自己ベスト更新&人生初のサブ3を達成することができた。続きを読む

サロモン AGILE 2」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

暑い夏のランニングを快適に楽しむために、サロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入した。ソフトフラスクは、柔らかくて折りたたみ可能な給水ボトル。飲んだ分だけ容量が圧縮されるので、ランニング中でも水がジャバジャバしない。続きを読む

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2019年9月に「fenix 6X(フェニックス 6X)」が発売された。高級感溢れるデザインにガーミンの最新機能が詰め込まれたガーミンのランニングウォッチの最高峰モデル。ランニングウォッチにオーバースペック気味で価格は10万円を超える。すべての機能を使いこなせる自信はないが、高級時計を所有するのと同じ感覚で物欲が刺激される逸品だ。それでもオメガやローレックスを買うよりもリーズナブルと自分に言い聞かせて「fenix 6X」購入した。続きを読む

Garmin fenix 6X」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

夏のランニングに向けて、サロモンのハーフパンツ「XA 7 inch SHORT」を購入した。通気性・速乾性に優れた素材は、汗で濡れても快適サラサラ。ウエスト周りに配置された4つのポケットには、スマートフォン、軽量ジャケット、給水ボトル、ジェルなどが余裕で収納できる。続きを読む

サロモン XA 7'' SHORT ハーフパンツ」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。