読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

Garminウォッチで「Suica」を設定・利用する方法

Updated

2020年5月より、Garmin(ガーミン)のスマートウォッチで交通系ICカード「Suica」が利用できるように!発行やチャージ、電子マネーの利用はできますが、定期券の購入やネット決済には対応していません。

この記事では、Garminスマートウォッチで「Suica」を使うために必要な機種・設定・使い方について、わかりやすく解説します。

Garmin x Suicaでできること

2020年5月21日より、Garminスマートウォッチの一部機種がついに交通系ICカード「Suica」に対応しました。

これによりGarminスマートウォッチでも、Apple Watchと同じように、「ピッ」と端末にかざすだけで電子マネーの決済ができるようになりました。

ただし「Suica」のすべての機能が使えるわけではないことに注意。Garminスマートウォッチで利用できるのは、発行・チャージ・利用・残高表示など、電子マネーの基本的な機能に限定されます。

以下は、JR東日本のプレスリリースより。

Garminで利用できる「Suica」の機能

「店頭での現金チャージ」と「券売機等での現金チャージ」は、Garminスマートウォッチのみで利用できます。それ以外は「Garmin Connect Mobile」が必要です。

機能・サービス 備考
新規発行 発行と同時に最低 1,000 円のチャージが必要
クレジットカードによるチャージ Google Pay(Google アカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージを行う
店頭での現金チャージ
券売機等での現金チャージ 一部の駅に設置されているトレイ型の券売機等
SF(電子マネー)による鉄道利用 バス利用も可
SF(電子マネー)でのお買いもの
残額表示 ウェアラブルデバイスでも表示可
履歴表示 前日分までの表示
払いもどし 手数料(220 円)が必要
タッチで Go!新幹線 券売機での利用開始登録が必要
新幹線 e チケットサービス えきねっとへの申込が必要
JRE POINT のポイントを貯める JRE POINT WEB サイトでの登録が必要
スマート EX 東海道・山陽新幹線のサービス

Garminで利用できない「Suica」の機能

機能・サービス 備考
銀行チャージ
再発行
機種変更による残額引継ぎ
定期券の購入 バス定期券も不可
Suica グリーン券の購入
ネット決済
JRE POINT によるチャージ
エクスプレス予約 東海道・山陽新幹線のサービス

対応機種

2020年5月21日時点で、以下の10シリーズが「Suica」に対応しています。最新の対応機種一覧は公式サイトで確認できます。

  • Approach S62 シリーズ
  • fenix 6X シリーズ
  • fenix 6X Pro Dual Power シリーズ
  • fenix 6S シリーズ
  • fenix 6 シリーズ
  • Legacy シリーズ
  • Venu シリーズ
  • vivoactive 4/4S シリーズ
  • vivomove 3/3S シリーズ
  • vivomove Style/Luxe シリーズ

僕が利用している「fenix 6X」は対応していました!

というわけで早速、「fenix 6X」に「Suica」を設定してみます。

初期設定

Garminスマートウォッチに「Suica」の設定方法は以下のとおり。設定には、Garminスマートウォッチと「Garmin Connect Mobile」の同期が必要です。

  1. ソフトウェアを更新する
  2. Garmin Payを設定する
  3. Suicaを発行する

ここでは、「iPhone 11 Pro」を使って設定します。

ソフトウェアを更新する

スマートフォンで「Garmin Connect Mobile」を起動し、設定>Garmin Payを選択します。「Suica」を設定するには最新のソフトウェアをインストールする必要があります。

Garmin Payを設定する

ソフトウェアの更新が終わったら、再度Garmin Payのページへ。初めて利用する場合は4桁の「パスコード」の入力を求められます。パスコードは、Garminスマートウォッチで決済する際に必要になります。カードの種類は「交通」、交通系ICカードは「Suica」を選びます。

Suicaを発行する際に、氏名・生年月日・性別・電話番号を入力します。Suicaを発行するためには、最初に最低1000円をチャージする必要があります。Garmin Payと連携している「Google Pay」で支払います。

Suicaを発行する

チャージが完了すると、GarminスマートウォッチにSuicaが発行されます。同期が完了すると、チャージ残高が「1000円」と表示されました!最新の残高や利用履歴は「Garmin Connect Mobile」で確認できます。

残高が足りなくなったr、「Garmin Connect Mobile」でチャージができます。

使い方

それでは早速、Garminスマートウォッチで「Suica」の電子マネーを使ってみます。

以下は、「fenix 6X」で「Suica」を起動する方法です。左上のボタンを長押ししてメニュー画面を開き、「ウォレット」を選択します。

パスコードが求められるので、初期設定で登録した4桁の数字を入力します。

「読み取り部分にかざしてください」が表示されている間に、「ピッ」とかざして電子マネーの決済を行います。

動画でもご覧ください。

なお、「ラピッドパスコード」に設定すると、パスコードを入力せずに「ピッ」とかざすだけで決済できます。

使ってみた感想

早速、近所のスーパーでコカ・コーラを1本買ってきました。

実際にGarminスマートウォッチで「Suica」を使ってみた感想としては、読み取りの感度は良いです。かざして1秒以内に反応しました。

ただ、iPhoneのモバイルSuicaと連携できないのが残念ですね。結局、新しいSuicaを発行することになるわけですから。

僕はランニング中に必ずiPhoneを携帯するので、Garmin x Suicaの出番はそう多くはないと思います。手ぶらで走りたい時、iPhoneを忘れてしまった時の緊急用に利用する感じですかね。

とはいえ、Garminユーザからすると「Suica」が使えるようになるのは素直に嬉しいです。

まとめ

以上、Garminスマートウォッチで「Suica」を使うために必要な機種・設定・使い方について、わかりやすく解説しました。

2020年5月より、Garmin(ガーミン)のスマートウォッチで交通系ICカード「Suica」が利用できるように!発行やチャージ、電子マネーの利用はできますが、定期券の購入やネット決済には対応していません。

Profile

tomo(とも)。マラソンがライフワークの36歳。マラソンブロガー・外資系会社員・二児パパ。夢は福岡国際マラソンに出場すること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎