【コース紹介】伊豆高原・大室山(静岡県)は、360度の絶景パノラマが楽しめる!

tomo
2019.08.21 > 

まるで雲の上を走っているかのような、360度の絶景パノラマが楽しめます。一緒に連れてきた家族がひと息ついている間に、僕だけ1週1kmの火口縁の遊歩道をランニングしてきました。

この記事では、静岡県の「伊豆高原・大室山」のランニングコースを紹介します。

伊豆高原・大室山の魅力

大室山(おおむろやま)は、静岡県伊東市にある標高580mの火山。表面はグリーン一色で覆われており、登山リフトで簡単に山頂まで登れます。山頂では360度のパノラマ絶景を楽しみながら、火口縁の遊歩道を散策したり、売店でご当地グルメを食べたりできます。

東伊豆・伊豆高原に来たら一度は訪れたい人気の観光スポットです。

ちなみに僕は今回が二度目。山頂で家族がひと休みしている間に、大室山の火口縁をぐるりとランニングしてきました。

360度のパノラマ絶景、まるで空の上を走っているような感じが楽しめるコースです。

コース概要

大室山は国の天然記念物に指定されているため、自然保護のため徒歩での登山が禁止されています。山麓から山頂までは「大室山登山リフト」に乗ってアクセスすることになります。

こちらが登山リフトの入口。往復料金は大人が500円、小学生が250円でした。伊豆周辺の観光施設は入場料が高くて困りますが、ここは比較的良心的な価格です。

登山リフトはスキー場のリフトと同じ仕様。5分ほどで山頂に到着します。

火口縁の遊歩道は、公式では直径300m、1周1000mあるそうです。

参考までに、以下はStravaのアクティビティです。2周しましたが、計測がバグってますね…。

火口縁の遊歩道は多少のアップダウンがあるものの、足場が良くて安心して走れます。ただし、観光シーズンは歩行者の方も多くいるので、迷惑にならないように走るよう気をつけましょう。

走ってみた

実際に、「伊豆高原・大室山」のランニングコースを走ってみた様子を紹介します。

山頂には展望台のほか、売店やトイレがあります。一緒に連れてきた家族がひと息ついている間に、僕だけ火口縁の遊歩道を走ってきました。

こちらは記念撮影スポット。

ここから遊歩道を反時計回りに走ります。遊歩道を散策されている方もいるので、迷惑にならないよう気を使いながら走ります。

途中、お地蔵様が五体並んでいました。「五智如来地蔵尊」と呼ばれ、安産と縁結びの神様として参詣が多いとのこと。

登山リフトの乗降口や売店のあるエリアの反対側は小高い丘になっており、上るのにひと苦労します。

売店に戻る途中、別のお地蔵様を発見。今度は8体。「八ヶ岳地蔵尊」と呼ばれ、海上安全・海難防除・大漁祈願のため漁師の人たちによって建てられたそうです。

最後に小高い丘をもう一度上って売店エリアへ戻ります。

ランニングのあとは「大室山だんご本舗」で、よもぎのお団子をいただきました。二本で300円。観光地で食べるお団子って、なんでこんなに美味しんでしょうね。

まとめ

以上、静岡県の「伊豆高原・大室山」のランニングコースを紹介しました。

まるで雲の上を走っているかのような、360度の絶景パノラマが楽しめます。一緒に連れてきた家族がひと息ついている間に、僕だけ1週1kmの火口縁の遊歩道をランニングしてきました。

こちらもおすすめ